六十歳からの人生 老いゆくとき、わたしのいかし方

曽野綾子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784877232337
ISBN 10 : 4877232338
フォーマット
出版社
発行年月
2018年10月
日本
追加情報
:
251p;18

内容詳細

人生の持ち時間は、誰にも決まっている。六十、七十、八十、九十歳。移り変わる体調、人づき合い、暮らし方への対処法。

目次 : 第1章 六十歳からの時間を生きる(残された時間を大切に生きる/ 自分を幸せにする四つの要素 ほか)/ 第2章 六十歳からの人付き合いは、無理をしない(年賀状を書くのをやめる/ いつも自然体で生きる ほか)/ 第3章 六十歳からの暮らしは、身軽に(自分にとっての贅沢をする/ 「おうちご飯」を作る ほか)/ 第4章 六十歳からの病気との付き合い方(人は自分の病気を語る/ 病院任せにしない ほか)/ 第5章 六十歳からの人生をいかす(終わりがあればすべて許される/ 「もういい」と納得する ほか)

【著者紹介】
曽野綾子 : 1931年東京生まれ。作家。聖心女子大学文学部英文科卒業。『遠来の客たち』(筑摩書房)が芥川賞候補となり、文壇にデビューする。1979年ローマ教皇庁よりヴァチカン有功十字勲章を受章。2003年に文化功労者。1972年から2012年まで、海外邦人宣教者活動援助後援会代表。1995年から2005年まで、日本財団会長を務めた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • carl さん

    80代の方が60代を振り返ってって感じでした。

  • イー さん

    「一口で言えば、老年の仕事は孤独に耐えること。そして、孤独だけがもたらす時間の中で自分を発見する。自分はどういう人間で、どういうふうに生きて、それにどういう意味があったのか。それを発見して死ぬのが人生の目的のような気もします。」とある。私は死ぬまでにそれを発見できるだろうか。発見することを頭において生きて行こうと思った。

  • Makoto Yamamoto さん

    六十歳からの人生となっているが、それを過ぎた70歳でも80歳でも読んだらいい本だと思う。 基本自立して身の丈に合った生活で最期まで生き続ける、これが著者の言いたいことだと思う。 50代の人には助走にもなっていいかもしれない。

  • チェロ さん

    この手の本が好きで、それぞれの時代にマッチした内容を読んできた。いつくる更年期障害、、あれっなかった?もうすぐ還暦、、あぁ〜過ぎてしまった。[中年]に抵抗あったのに、そのくくりからも外れてしまった。[老い]はもちろん感じるが、まだジタバタ。これから道しるべとしてどんな本に出会えるか楽しみ、曽野さんの本いいですね。

  • coldsurgeon さん

    60歳からの生き方、考え方を学ぶ。残された時間の少なさを自覚しながら、前期高齢者・後期高齢者を資格や権利のように振りかざさない生き方が重要だ。老いた人をいたわることは大切だが、一方、老いた人が「いたわれること」を当然の権利のように考えることは、避けたい。老い逝くとき、自分を活かすことを考えたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

曽野綾子

作家。1931年、東京生まれ。聖心女子大学文学部英文科卒業。ローマ法王庁よりヴァチカン有功十字勲章を受章。日本芸術院賞・恩賜賞・菊池寛賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品