銀座幽霊 創元推理文庫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488437022
ISBN 10 : 4488437028
フォーマット
出版社
発行年月
2001年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
15cm,329p

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 昭和初期の本格短編の貴重な作品集。  ...

投稿日:2009/11/26 (木)

 昭和初期の本格短編の貴重な作品集。  まさか文庫で読めるとは思っていなかった。

白塗りのサル さん | 神奈川県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • HANA さん

    再読。復刊されたのを機に買い直した。戦前のミステリには珍しく、論理に基調を置いた作品ばかりが集められている。解説に当時評価が低かったとあるのは、当時必ずあった怪奇味が無かったからかな。内容も顔のない死体、人間消失、密室、消える足跡、暗号といった王道ばかり。印象に残ったのは、精神病院を舞台に脳を抜き取られた死体というアイデアが光る「三狂人」聖夜に来る聖者を扱った「寒の夜晴れ」独特の暗号とハッピーエンドの「大百貨注文者」。この作者には戦後まで残って書いて欲しかった。戦後は論理中心の推理小説が主流となったのに。

  • 本木英朗 さん

    日本の戦前探偵小説作家のひとりである作者の作品のひとつである。俺は創元の旧版で2001年の1回だけ読んでいた。今回新たに新版でということで。うらぶれた精神病院に出来したグロテスクな事件とは?という「三狂人」ほか10編を収録している。中でも俺は、ユーモラスな佇まいが超面白い「大百貨注文者」がいちばんと言える。まあ、他の作品もみんないいけれどねえ。またいつか読もうと思う。

  • 林 一歩 さん

    タイトル買いで特に期待もしてなかったのだが拾い物でした。

  • Tsukamo さん

    戦前に活躍された作家だそうで。昭和の雰囲気が出ていて面白かったです。「大百貨注文者」の終わり方が良かった。そして「幽霊妻」で犯人の正体が分かったときは思わず噴き出しそうになりました(笑)

  • ホームズ さん

    復刊フェアーで再読。やはり面白いな〜(笑)戦前の雰囲気が好きだ(笑)『とむらい機関車』で登場していた青山喬介や今回数話登場していた大月対次弁護士などのシリーズ物ももっと読んでみたかったな〜(笑)こういった戦前の作家さんや推理小説が書かれ始めた頃の作家さんの作品はもっと読んでみたいな(笑)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品