猫の客

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309014302
ISBN 10 : 4309014305
フォーマット
出版社
発行年月
2001年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
平出隆 ,  
追加情報
:
20cm,137p

内容詳細

ある日、稲妻小路に仔猫がまぎれ込んできた…。狂騰する時代の波に崩される、古い屋敷での生き物の運命と軌跡。読者を透明な世界に誘う魔術的私小説。

【著者紹介】
平出隆 : 詩人。1950年、福岡県生まれ。一橋大学社会学部卒。現在、多摩美術大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 佳音 さん

    読み友さまのような素晴らしい感想をもらすことは、できない。小窓にちぎれ雲が浮かんでから、喜びとその表裏である悲しみを受けとる運命が始まる。愛しいものとの出逢いは、抗えぬ流れに寄り添い、その流れにおのれを任せるしかない。ゆく川の流れは絶えずしてまた元の水にあらず。時の流れのつかの間、心に灯をつけてくれた、小さきものよ、ありがとう。

  • けろりん さん

    【猫本を読もう読書会】素晴らしいレビューに惹かれて。風雅な庭園を有する屋敷の一角に間借りする夫婦ふたりの生活に、ちぎれ雲のような仔猫が現れた。男の子の高らかな宣言により、隣家の飼い猫となった「チビ」を、賓客としてもてなす日々。自由な生きものの出入りを静かに見守るふたりの喜びが四季の移ろいとともに繊細かつ抑制された筆致で描かれる。抗えない運命の流れのように訪れた別れ。昭和の終焉とともに、人の生活や心の在り方、価値観も変化して行った大きな破綻の時代。喪われた緩やかな優しいものへの愛惜が込められた美しい掌編。

  • ぶんこ さん

    1990年代の物語と知ってはいても、文体が昭和の初めを感じさせるので、つい戦争前の長閑な時代を思い浮かべて読んでしまいました。都内で大きな庭と離れを持つ家。その離れに住んでいると、光や風が独特な現れ方をする。そんな家に住んだら、引っ越しはしたくなくなるでしょう。しかもお隣の飼い猫が年中立ち寄っていくなんていう素晴らしいおまけ付き。時間が緩やかに流れているようでした。

  • クリママ さん

    活字の大きさやページ内のレイアウト、そして、その文章からか戦後間もなくの昭和のころをイメージしたものの、時代はバブル期前後。借りていた住まいは、練塀と板塀に囲われた広い庭のある離れ。そして、隣家に飼われることになった猫。若い夫婦の日常の中に深い哀惜がある。思わず立ち止まって読み返さずにはいられない文。特に各章の最後の文。先に読んだ乙川雄三郎の作品の中の「完璧な一行」という言葉を思い出す。初めて読む作者、平出隆は詩人である。

  • ゆうゆうpanda さん

    京都の豪邸の離れを借りて住むという状況がとても素敵。端正な文章で、猫との交流も節度があって、品の良い小説だった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品