めだかボックス 20 ジャンプコミックス

暁月あきら

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088706504
ISBN 10 : 4088706501
フォーマット
出版社
発行年月
2013年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
189p;18

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
いつの間にかレギュラーキャラに昇格してい...

投稿日:2013/04/27 (土)

いつの間にかレギュラーキャラに昇格していた贄波ちゃんが本編とオマケの両方で大きく取り扱われているのと同時に死んだ人達もたくさん登場する、区切りの20巻。忘れかけていた漆黒宴スタイリストの再登場も嬉しい。えげつない戦略に巻き込まれてかっこ好いのか悪いのかわからない善吉の活躍(?)もあって、気分が悪くなるほど圧倒的な強さを見せつけた獅子目言彦を「今日中に叩き潰す!!」ための準備はいろいろ整った。過去のボス戦のように急激に失速しないことを切に祈る。 第3回人気投票結果が(ようやく)発表され、喜界島ちゃんは前々回7位、前回9位から少し順位を落として12位。第100代生徒会執行部発足以来めっきり出番が減っており、本巻ではキヲテラエのコンサートを観に行った回想シーンの数コマ(と球磨川先輩が『もがな…』と呼び捨て)のみであることを考えると、良く踏みとどまっていると評価すべきだが…。

build2destroy さん | 不明 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • みりあ さん

    クライマックスは一気に読もうと思って積んでおいたら、もう最終巻が発売してから5ヶ月経っていた(笑)と言う次第です。内容も少し忘れていたけれど、すぐに物語に入り込めた。本当に無駄が無い作品だ。ストーリー展開にしても、登場人物にしても。でも少し思ったのが、能力とか人物相関図を少し複雑にして、言い回しも難しくして、無駄が無いように見せかけているだけなのでは?と言う事である。でもそういう事を含めても、結果的に無駄が無い様に感じるのは事実であるし、何より面白いと感じるんだからそれで良いじゃないか!とも思うのだった。

  • nanasi さん

    読了。

  • 星野流人 さん

    前巻より引き続き不知火不知編。不知火を奪還し言彦を打倒すべく、めだかちゃんご一行は一路箱庭病院跡地へ。 まさかの球磨川vs不知火の展開は非常に良かった。不知火の感情が一気に溢れ出てきて、その想いの強さに感動した。いやあ、さすがに球磨川先輩は、最高に格好良くて、最高に格好悪い! さて次巻、まだまだめだかちゃん達の前に立ちはだかる強敵達。果たして今度はどうなる……? 人気投票は、球磨川先輩圧倒的すぎるやろう。ちなみに私は、もがなちゃんと鰐塚ちゃんが好きです。 8/10点

  • 佳蘋(よし) さん

    人気投票は相変わらず球磨川先輩で持ち切りです。せっかく主人公が女の子なのに(てゆーか女性キャラが圧倒的に多い漫画なのに)、ワンツースリーで男とはどういうことよ。球磨川先輩対不知火戦が面白かった。ああこの人、余裕ありと見せかけていつも一杯一杯だなって。

  • ゼロ さん

    鶴喰梟博士の変態さに怖い。本物が手に入らないから妥協をし、必要がないから自分のものにし、不知火半袖を愛することを決める。いや、慰めに扱おうとしているのは、はっきり言って気持ち悪く、下衆である。ただそれ故に禊よりも現実的なキャラクターなのかもしれない。さて、めだかは鶴喰梟博士の元にスタイルを学びに来たが、寿常套の歌の前に苦戦をする。半袖は、感情を露わにして叫ぶのだ。「ずっと友達でいて欲しい。」と。ヒールが魅力的なんだよね。物語の展開としては王道であり、このまま突き抜けて終わりそうだけど、それもらしいのかも。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

暁月あきら

8月18日生まれ。03年『Z‐XLダイ』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品