この商品の関連特集

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン II -セカンド・スクワッド・ジャム<上>-電撃文庫

時雨沢恵一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784048690959
ISBN 10 : 4048690957
フォーマット
出版社
発行年月
2015年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
378p;15

内容詳細

『キノの旅』コンビが贈るもう一つの『SAO』、爆発的大反響に応え、早くも続刊が登場!

突如、全《GGO》プレイヤーにアナウンスされた、第二回スクワッド・ジャム。知らせを受けた第一回大会優勝者のレンこと小比類巻香蓮(こひるいまきかれん)だったが―― あまり気が乗らない様子。

しかし、香蓮に忍び寄る、謎のストーカー男が口にしたのは、こんな言葉だった。

「第二回スクワッド・ジャムの夜に、人が死にます」

敵として出場するピトフーイを《SJ2》内で倒すことでしか、“最悪の事態”を避けられないという男。香蓮は苦悩の末、大会への参加を決意するのだが……。

原作者・川原礫も息を呑む痛快ガンアクション第II弾!!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まりも さん

    時雨沢先生の趣味全開小説の第二弾。レンが親友フカと共に第二回SJに参加して所狭しとドンパチする話。物語としてはそこそこでしたが、今回から参戦してきたフカが良いキャラしてますね。賑やかな彼女はレンとの相性もぴったりなので読んでいて楽しかったです。趣味全開小説なのにこれだけ面白くて個性的なキャラを沢山出せるとかやっぱり時雨沢先生はすげーわ。ピトとエム関連は次巻に持越しっぽいので下巻に期待ですね。どんな結末を迎えるのか想像するだけで楽しみだ。

  • ひめありす@灯れ松明の火1124亡羊會 さん

    確か本家SAOのGGOで相当時間やりこまないと、可愛い女の子型アバターは誕生しない、みたいなくだりがあったという事はフカ次郎さんはこれまでどれだけゲームをやりこんでいたの〜。美優、なんて恐ろしい子!双剣ならぬ、双グレネードランチャー使いの登場です。新体操女子高生達は勿論、マシンガンらぶな人たち、歴史マニアさんなど、脇を固める登場人物達も個性豊かで何となく応援したくなる魅力があります。ピトフーイさんの正体があの子?それとももう一人の謎に包まれた彼女があの子なの?と、ますます疑問が深まるまま、後編へ続きます。

  • 友和 さん

    両手でグレネード・ランチャーを持つフカ次郎さん、サイコーにかっこいい。

  • Yobata さん

    間も開けず再び行われる事となったSJ大会。前回優勝者のレンは当初参加するつもりはなかったが、エムがリアルで香蓮の前にエム,ピトを倒して欲しいと現れる。その要望に応えるため、地元の友人美優と共にSJ2に挑む事に…。SJ2前編。今回は前回仲間だったエムとピトが敵。前回も死に狂ってる素顔が見え隠れしてたピトの本性はやはりSAOに関係してたね…。でもサバイバーじゃなくルーザー、こんな所でもSAOは人を狂わせてたのか…てかピトの本性、結構簡単に明かされちゃったねw今回レンの相棒となるのは地元の美優ことフカ次郎。→

  • シータ さん

    思っていた以上にピトフーイやべええええ!ピトフーイが実はSAOサバイバーではなくSAO失敗者だったのが判明。ある意味サバイバーよりサバイバーしてるんじゃないかなw とにかくイカれっぷりがやべえし怖い。殺し方もほんと狂気じみててデスゲームみたいな雰囲気があって楽しめた。あとフカ次郎が可愛すぎる。ノリもいいしレンとのコンビも最高ですね。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

時雨沢恵一

1972年生まれ。2000年に電撃文庫でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

時雨沢恵一に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品