文豪ストレイドッグス 19 カドカワコミックスAエース

春河35

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041094709
ISBN 10 : 4041094704
フォーマット
出版社
発行年月
2020年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
175p;19

内容詳細

天人五衰"神威"の暗殺計画により、次々と姿を消す国木田達。しかし、探偵社は「あの男」がいる限り、どんな苦境に立たされようとも必ず復活する。明けない夜はない――探偵社復活の狼煙が今、立ち昇る!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 水無月冬弥 さん

    #bungosd #マンガ #漫画喫茶 ついに再結集する武装探偵社 そして明らかにラスボス、倒す敵は強大で助けあう仲間はいない……からの芥川登場というのが熱い! これだけ長々と知略戦して、最後は宿敵とのタッグバトル!というのが熱い、熱すぎる!

  • 志定こみた さん

    乱歩さんは本当にすごい。想像以上に先を読み、恐ろしい敵が張り巡らした策略でも弱い所を見つけて破ってしまう。 「名探偵になるのは簡単だ。自分の目で見ろ。」は名言だけど、それがなかなか出来ない。だからこそ乱歩さんは天才だ。あの女性記者、将来はなかなかの記者に成長するよ。人としてもユニークだし。 福地さん、鐵腸さんに料理させるのがそもそもの間違いだよ。蛙の卵で卵酒作る鐵腸さんも非常識だけどね。 そして「天人五衰」のボスはまさかのあの人、追い詰められる敦君、久しぶりに登場のあの男!

  • 小春 さん

    最新刊から読みました。 神威に一度国木田たちは消えたが、異能力者を超えた超越者乱歩が与謝野晶子が囚われていたの救出、国木田たちを救出して再び探偵社は集まり始めた。 鏡花とモンゴメリ、安吾と敦で対応違うの可愛いな。 国木田に飛びつく敦可愛い。 乱歩はかっこいい。 福地が卵酒は笑った。 最後芥川出てきて、期待が上がった。 次巻が半年後なのつら。 ネタバレ防止で、誰が活躍するか分からない表紙にしましょってことらしい。 裏表紙めくって、シグマとドストエフスキーとあと誰か分からないけど3人の漫画笑った。

  • アリス さん

    電子honto購入

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

春河35に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品