五等分の花嫁 12 週刊少年マガジンKC

春場ねぎ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065173121
ISBN 10 : 4065173124
フォーマット
出版社
発売日
2019年11月15日
日本
追加情報
:
192p;18

内容詳細

「落第寸前」「勉強嫌い」の美少女五つ子を、アルバイト家庭教師として「卒業」まで導くことになった風太郎。中学時代、姉妹たちに助けられた四葉は、姉妹たちのために風太郎への想いを隠すことを決意。そして一花は、女優という夢を追うため学校を休学することになり……。激動の夏は終わり、新学期へ。高校生活最後のイベント「学園祭」が始まる──!

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よっち さん

    最後の学園祭イベントでのそれぞれとのやりとりがなかなか興味深かったですけど、五つ子もそれぞれの道を目指すことになって、そんな中でフータローが最終的にどんな決断を下すのかですね。ヒロインはそれぞれが成長していてとても可憐で、自分には誰が選ばれるのか全然分かりません(苦笑)

  • 銀の星 さん

    読了。最後の文化祭編のニ乃の話まで収録。今回はいつぞやの期末試験の時みたく5つ子達それぞれの視点で文化祭を見ていく形式で最初に出ていた布石が次々と回収されていくのは読んでいて面白い。恐らく最終章となるお話ですが、一花と三玖が自分達の将来を決めた様に他の3姉妹も決めていくのかな。風太郎も物語の決着を決めるべく動き出したし、風太郎の出した結論も含めどんな形で文化祭編が終了するのか非常に気になります。今回登場したゲストキャラである竹林。ほんの少しの出番で帰りましたがこれだけじゃ済まないよね?→

  • むっきゅー さん

    風太郎が5人のうちの誰を選ぶのか、答えを出す。その舞台設定が、高校生活最後の文化祭。時間軸がやや錯綜した演出になってますが、姉妹一人ひとりとのエピソードで構成。今巻は、1と2ですが、それぞれの見開きアップが可愛すぎますねー。

  • レリナ さん

    フータローが表紙ということは次が...?五つ子の誰が選ばれるのか、気になる。ここに来て五つ子たちのアピール合戦になってきたので、どんな結末になるやら。このラブコメの緊迫感は作者の力量が高い証拠。ヒロインレースもいよいよ終盤戦。フータローの花嫁は?五つ子たちとの恋愛に勉強にフータローは大忙しだな。もう誰が選ばれるか分からなくなってきた(苦笑)どんなエンドが見られるのか、楽しみになってきたな。次巻に期待。

  • MERLI さん

    文化祭開幕、それぞれの思惑が交わる中で風太郎君、遂に告白…っぽいことをしました。しかしあぁ言ったということはもう決まっているみたいですね、誰になるんでしょう…5人分のルート別エンドの後に何が待っているんでしょうか…一花の言葉を借りるわけではないですが、誰も選ばないなんて止めてくださいよ?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

春場ねぎに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品