きまぐれロボット 角川文庫

星新一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784041303184
ISBN 10 : 4041303184
フォーマット
出版社
発行年月
2006年01月
日本
追加情報
:
15cm,215p

商品説明

星新一 没後10年&作家デビュー50年記念作品。週刊ザ テレビジョン創刊25周年記念作品。浅野忠信×辻川幸一郎×小山田圭吾(コーネリアス)×星新一。豪華クリエイターたちが贈る、新感覚のロボット・ストレンジ・フューチャーワールド!『きまぐれロボット』の原作は、こちらのに収録されている、"5ページの短編"を原作にしています。

内容詳細

おなかがすいたら料理をつくり、あとかたづけに、へやのそうじ、退屈すれば話し相手に。なんでもできるロボットを連れて離れ島の別荘に出かけたお金持ちのエヌ氏。だがロボットはしだいにおかしな行動を…。博士の不思議な発明、発見が様様な騒動を巻き起こす。傑作ショートショート集。

【著者紹介】
星新一 : 1926年東京生まれ。東京大学農学部卒。57年日本初のSF同人誌「宇宙塵」の創刊に参加。68年『妄想銀行』で第二十一回日本推理作家協会賞受賞。ショートショートの第一人者として一〇〇一以上の作品を発表した。その他、時代小説、少年小説など多方面で独創性を発揮。97年、永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
☆
☆

2.5

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
まさにショート・ショート。片山芳子氏の挿...

投稿日:2012/10/08 (月)

まさにショート・ショート。片山芳子氏の挿絵も作品に深みを与えてます。今読むからでしょうがレトロさを感じます。

凍土 さん | 不明 | 不明

0
★
★
☆
☆
☆
表紙は角川文庫に限るなと改めて思いました...

投稿日:2011/08/06 (土)

表紙は角川文庫に限るなと改めて思いましたね。挿し絵や表紙の絵が可愛いと思います。きまぐれロボットは星新一の本でもかなり短い話が収録されています。だいたいの話は、本当にショートストーリー。あまり大人が面白いと思うものではないかもです。読んで子供向けかなと思いました。

マリア さん | 東京都 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • hiro さん

    新潮文庫の100冊 2015の『ボッコちゃん』に続いて、カドフェス2015 発見!角川文庫の、この『きまぐれロボット』を読んだ。ロボットや薬などの新しい発明品や、宇宙人や動物などを題材のショートショート36編。似た題材のショートショートのため、途中までは似たような展開のものもあるが、もちろんまったく違ったオチが待ってる。これが楽しい。特に「おみあげ」のような人類の愚かさ描いた毒のある作品が好きだ。読書嫌いの息子にショートショートだと読めるだろうと思って買った本だが、何年かぶりの再読だったが楽しく読めた。

  • しゅわ さん

    【図書館】谷川さんの解説によると、新聞連載を経て、子どものための本としてまとめられたことがある短編集とのこと。研究室にやってきた来訪者に博士が新発明のロボットや薬の説明を始める…というワクワクするような星さんショートショート定番の始まりが多く収められた一冊です。同じような設定から始まって、これだけバリエーションがあるのがスゴ過ぎ!博士や発明家が変な物を発明したり、宇宙人が来たり、ロボットが暴れたり…ユーモアたっぷりで大人も子供も楽しめる珠玉の36編です。

  • おかむー さん

    初版が1972年なのでかれこれ40年以上前の作品、本にまとまる前の初出では45年ぐらいになるのかな?それでも“古さ”がどこにもない稀有な作風は星新一ならではですね。『よくできました』。ショートショートという形態だからこそ、いい意味で余計な描写を削ぎ落としたために時代に影響されないシンプルかつ普遍的な物語がとても心地よい。登場人物はどの物語もどこか飄々としてちょっぴり皮肉が効いた結末が安定なのだけれど、そのなかでも少女の描いた空想の絵とロボットモグラの物語「花とひみつ」がほのかに暖かくて印象的。

  • 優希 さん

    気軽に読めてジェットコースターのように味わえるのが楽しかったです。童話的でありながらシュールなオチにクスリと笑わされました。ロボットや宇宙人、発明が多く出て来るので軽めのSFとしても読めると思います。ショートショートはサクッと読めてしまうので物足りないかなと思ったのですが、読みやすいし面白かったです。もっと星新一の作品を味わってみたいと思いました。

  • ゴンゾウ さん

    星さんのショートショートを堪能しました。今回はブラック色は少なく、優しい話が多かった。その分ショッキングさは欠けていたが読後感は、よかった。余計な心理描写をそぎ落として最後にオチをつける。連続して読んでも飽きさせない構成力。決して古さを感じさせないテーマ設定。本当にお見事です!【カドフェス 2017】

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

星新一

1926年東京生まれ。東京大学農学部卒。57年日本初のSF同人誌「宇宙塵」の創刊に参加。68年『妄想銀行』で第21回日本推理作家協会賞受賞。ショートショートの第一人者として1001以上の作品を発表した。その他、時代小説、少年小説など多方面で独創性を発揮。著書多数。97年永眠(本データはこの書籍が刊行

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド