漫画家しながらツアーナースしています。 現役ナース・先生・ママの“推し”セレクション

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087880595
ISBN 10 : 4087880591
フォーマット
出版社
発売日
2021年06月04日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
192p;21

内容詳細

現役漫画家にして、修学旅行や林間学校に同伴する看護師、通称「ツアーナース」である著者が見つめたこどもたちの姿。ほっこり泣けて役に立つ、ハートフル・コミックエッセイ第3集。

今作では「ツアーナース」のストーリーに大きく関係する「全国の現役ナース・先生・ママ」が多数協力。過去2巻の未収録回より、彼女たちが感動・共感した“推し”の意見も参考に、全16話をセレクション。

医療監修担当は前巻に引き続き、坂本昌彦氏(佐久総合病院佐久医療センター小児科医長/「佐久医師会 教えて!ドクタープロジェクト」リーダー)が担当。楽しく読めて、医療知識だけでなく、職業やコミュニケーションの大切さ、教育のヒントも学べる「家庭や学校に一冊」のコミックエッセイです。

<目次>
【1章:旅と健康】
本当にあった怖い話/おバカな子ほどかわいい…?/変わるための一歩をともに/ハードルは高いけれど…/君の成長を見守る
【2章:病気と生きる】
1年越しの報告/友として立つ/知ること理解すること/言葉はないけれど/君に思う/おなじでもちがうこと/白や黒じゃなくて/君はエライ!
【3章:ツアーナースという仕事】
本音トークいたします…/エンジョイ!/すなおな気持ち

<著者プロフィール>
みん●漫画家・看護師。「漫画家しながらツアーナースしています。」シリーズのほか、『リヒト 光の癒術師』(小学館クリエイティブ)『Ming短編集』(ナンバーナイン)などがある。
公式ツイッター@rikukamehameha

【著者紹介】
明 : 漫画家・看護師

坂本昌彦 : 佐久総合病院佐久医療センター小児科医長。2004年名古屋大学医学部卒。保護者の啓発と救急外来負担軽減を目的とした「教えて!ドクタープロジェクト」の責任者も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 葉鳥 さん

    この作品を手にして、初めてツアーナースという職業を知った。同じ病気でも抱える悩みは人それぞれ。周りの反応も悩みも様々あって考えさせられる。病気の人への心配を怒りとしてしか昇華できずに思い悩む子や貧血の子の悩みが強く印象に残った。当事者でないとわからないことはたくさんあるが、一緒に過ごしていく中で表面上だけの優しさでなくきちんと相手とコミニュケーションを取ることが大切だな。明さんの思いやり深さや観察力が素敵だった。また、どんな仕事をしていく上でもこのままでいいのかって気持ちは生まれるものなんだな…と。

  • 多津子 さん

    学校の修学旅行や林間学校に同伴する看護師「ツアーナース」と、漫画家である方のコミックエッセイ。どうやらこれはセレクション集らしく、団体旅行あるあるや持病を持つ子の話、ツアーナースという仕事について章分けされている。当時は暢気に学校行事へ参加していたが、これだけの人数を率いて無事に行動するには、先生や看護師さんたちの努力があってこそだと今なら分かる。また、一番ボリュームのある「病気を生きる」章では、持病のある子だけでなく周りの子たちの様子などからも考えさせられる。他の巻も読んでみたくなった。

  • ぷりたかま さん

    ★★★★★

  • タカギ(ユ) さん

    今回も面白かった。人の数だけいろんな悩み、いろんな病気がある。このシリーズを読むたびに、いろいろな人の事情を知る。知ることが理解の第一歩だと思いたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

漫画家・看護師

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品