中国秘境紀行 大陸の果てまでいっチャイナ! コミックエッセイの森

日野トミー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784781618241
ISBN 10 : 4781618243
フォーマット
発行年月
2019年10月
日本
追加情報
:
22

内容詳細

日本では到底経験できないような、異次元の体験と絶景!そしておいしい中華料理の数々!ドキドキハラハラの珍道中!本当の生の中国を行った気になって楽しめるコミックエッセイ。

目次 : プロローグ/ あこがれの九寨溝/ じょうさんに再会!!/ 桂林へ行こう!!/ 食い倒れ重慶!!/ 雲南省に行こう!!/ 麗江で遊ぼう!!/ 玉龍雪山と虎跳峡に行こう!!/ あこがれのシャングリラ!!/ じょうさんの結婚式!!/ 西安の夜!!/ 兵馬俑へ!!

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 鯖 さん

    九塞溝、成都、シャングリラなどの四川省や雲南省を中心としたコミックエッセイ。食べ物多め。タモさんにもブラタモリで九塞溝あたりは訪れてほしいけど、お年を召した方だと水と油が合わないと大変だもんな…。中国のみなさんが一世一代の財力演技力をこめて撮り下ろす結婚式の記念写真が面白すぎた。

  • Hatann さん

    秘境と銘打っているが、とんでもないところではない。北京・上海といった沿海部の初級コースを経て、中級コースとして回るところという様相である。九塞溝・成都・重慶などの四川省、麗江・シャングリラなどの雲南省、桂林市、西安市などである。中国も沿海部を超えると英語・日本語が通用する可能性が減り、外国人旅行は楽でなくなるが、これらの街は中国では有名な観光地なので訪問客もかなり多い。それだけに観る価値もあり、地元飯も超ウマい。中級コースを超えたらよりディープに、敦煌などの甘粛省、チベット、新疆などにも足を延ばしたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品