破滅篇 白い大陸が燃えるとき / ひとつの装置

日下三蔵

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784811327556
ISBN 10 : 4811327551
フォーマット
出版社
発行年月
2020年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
206p;20

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • マツユキ さん

    SFは好きですが、そんなに読んでるわけではないので、有難いシリーズです。第二期も、これで最後。テーマは、破滅。 矢野徹『海月状菌汚染』、福島正実『白い大陸が燃えるとき』、筒井康隆『到着』、平井和正『世界の滅びる夜』、横田順彌『かわいた風』、川又千秋『双星記』、星新一『ひとつの装置』収録。 人類滅亡はどう起こるのか、その時をどう過ごすのか、滅亡後は?一冊でどれも読めるのが、良い。筒井康隆作品は、毎回凄い。まだ未読ですが、明治小説で気になっていた横田順彌さん、こんな作品も書くのか、と益々興味が湧いてきました。

  • ケロたん さん

    SFジュブナイル。懐かしい面々。ヨコジュン、2019年に亡くなってたんや。なんか寂しい…

  • FFM さん

    破滅というテーマの短編集。 核の驚異はいつ無くなるのだろう。生命の歴史から見れば、人類もいつか滅びる。それが核なのか、ウイルスなのか、天体の衝突なのかわからないが、人為的な破滅だけは嫌だと思った!

  • わんだら さん

    本が届いた今日はいい日だ(©北原尚彦先生) 収録作では、やはり平井和正の「世界の滅びる夜」が好き。40年近く前、初めて読んだ時に、世界の終わりというのはこんなにも静かに、まるで日常の一部のようにやってくるのかと衝撃を受けた。これを読むと、たまらなく緑茶が飲みたくなる。そして二期の掉尾を飾るのは星新一の「ひとつの装置」。これも同じ頃に初読。なんともいえない余韻に満ちた結末は、解説でも触れられているように「人類に哀悼の意を込めて」二期をを締めくくるにふさわしいと思います。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品