共感資本社会を生きる 共感が「お金」になる時代の新しい生き方

新井和宏

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478109335
ISBN 10 : 4478109338
フォーマット
出版社
発行年月
2019年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
240p;19

内容詳細

「お金」で社会を変えていく新井和宏と、「食」で社会を変えていく高橋博之が、お金、働き方、市場、都市と地方、そして幸せについて、本気で、本音で語り合う。

目次 : 1 新しい「お金」と、新しい生き方―共感、人間関係、人との出会いを価値に変えるこれからの“マネー”(お金ってなんだろう?/ お金は社会を豊かにしているのか?/ 「決済」という言葉には、お金の性質がすべて表れている ほか)/ 2 新しい「市場」と、新しいつながり―地方と都市、つくり手と使い手の交わりから生まれるこれからの“マーケット”(地域にあるのは、誰かのために生きるためのヒント/ 予測できない真っ白な明日を生きていく/ 都市の「不自然」が奪うもの、コミュニケーションの効率化で失うもの ほか)/ 3 新しい「資本」と、新しい幸せ―共感資本社会に生きる人だけが知っている本当の“豊かさ”(お金の切れ目が縁の始まりに/ 「海は自分で、自分は海」―すべてが自分ごとになる世界へ/ 「間」で交わされる対話から、共感資本が生まれる ほか)

【著者紹介】
新井和宏 : 株式会社eumo代表取締役/鎌倉投信株式会社ファウンダー。1968年生まれ。東京理科大学卒。1992年住友信託銀行(現・三井住友信託銀行)入社、2000年バークレイズ・グローバル・インベスターズ(現・ブラックロック・ジャパン)入社。公的年金などを中心に、多岐にわたる運用業務に従事。2007〜2008年、大病とリーマン・ショックをきっかけに、それまで信奉してきた金融工学、数式に則った投資、金融市場のあり方に疑問を持つようになる。2008年11月、鎌倉投信株式会社を創業。2010年3月より運用を開始した投資信託「結い2101」の運用責任者として活躍(個人投資家約1万9000人、純資産総額約360億円〔2018年5月時点〕)。2018年9月13日、共感資本社会の実現を目指して株式会社eumo(ユーモ)を設立

高橋博之 : 株式会社ポケットマルシェ代表取締役CEO/一般社団法人日本食べる通信リーグ代表理事/NPO法人東北開墾代表理事/『東北食べる通信』創刊編集長。1974年、岩手県花巻市生まれ。青山学院大学卒。岩手県議会議員を2期務め、2011年9月巨大防潮堤建設へ異を唱えて岩手県知事選に出馬するも次点で落選し、政界引退。2013年、NPO法人東北開墾を立ち上げ、世界初の食べ物付き情報誌『東北食べる通信』を創刊し、編集長に就任。翌年、グッドデザイン大賞候補に選出され、決選投票の結果2位に(グッドデザイン金賞受賞)。2014年、一般社団法人「日本食べる通信リーグ」を創設し、同モデルを日本全国、台湾の50地域へ展開。第1回日本サービス大賞地方創生大臣賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • yoshi さん

    会社で借りた。共感や信用が価値を持つ社会のグランドデザインを語り合った対談本。コンセプチュアルな要素が大きくて読む前に勝手にイメージした本の内容とは少し違ったので、読後に彼らがやってるポケマルや共感コミュニティ通貨eumoや、面白法人カヤックについて調べることになり、そういう意味でも編集者の企画としては成功しているんだろうな。自己目的化し肥大したお金ありきの社会では幸せになれない。ソリューションは明確ではないが、方向性は提示した。それを自分たちでありたい様に考えていくんだよ、と言うのが対談の答えかな。

  • さのかずや さん

    世の中そうなっていくよねえということについて確信が持てたのでよかった。高橋さんは政治家してたのもあり流行りそうな言葉を作るのが上手。うまく「共感」みたいなことを言いながら属人的になりすぎない、横展開可能な機能とか組織とかってどんな仕掛け方があるんだろうな。

  • undine さん

    手段としてのお金が目的になってしまうという逆転が生じ、お金に振り回されてしまう社会に対して、eumoという通貨を作った新井氏。eumoの最大の特徴は貯められないこと。決済専用だそうだ。これを通じて出会いを仲立ちし、縁を作る実証実験を行っている。 高橋氏は食を通じて社会を変えたいという志で活動してきており、eumoの理念と共鳴。未来のために今を犠牲にする必要はない。今を大切に生きようと呼びかけている。 社会課題解決型起業が増えているが、本当に社会を良い方向に変えていけることを願いながら見守りたい。

  • よねひで さん

    ■印象的な言葉 日本人の10歳〜39歳までの各年代の死因1位は自殺。豊かさって何?お金ってそもそも何だろう。 同質化の波にさらされると、のっぺらぼうな野菜や物、会社だらけの世の中になる。効率化を突き詰めると同質化に辿り着くので、それは個性を活かす社会とは真逆の道となる。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

新井和宏

株式会社eumo代表取締役/鎌倉投信株式会社ファウンダー。1968年生まれ。東京理科大学卒。1992年住友信託銀行(現・三井住友信託銀行)入社、2000年バークレイズ・グローバル・インベスターズ(現・ブラックロック・ジャパン)入社。公的年金などを中心に、多岐にわたる運用業務に従事。2007〜2008

プロフィール詳細へ

新井和宏に関連するトピックス

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品