PSYCHO-PASS Sinners of the System Case.1「罪と罰」 ブレイドコミックス

斎夏生

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784800008251
ISBN 10 : 4800008255
フォーマット
出版社
発売日
2019年01月25日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
195p;19

内容詳細

「今回は、私の事件ってことでいいですよね、センパイ」

2117年冬、公安局ビルに一台の暴走車両が突入する事件が発生。
その運転手は青森にある潜在犯隔離施設〈サンクチュアリ〉の
心理カウンセラー・夜坂泉だった。
しかし取調べ直前に夜坂の即時送還が決定する。
監視官の霜月美佳は、
執行官・宜野座伸元らとともに夜坂送還のため青森へ向かう。
そこで待っていたのは、〈偽りの楽園〉だった。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヤギ郎 さん

    2019年公開『PSYCHO-PASS Sinners of the System』第1弾のコミカライズ。劇場で見られなかった人,劇場の体験を思い出したい人のため。1時間の映画を一冊にまとめている。霜月美佳と宜野座伸元コンビの物語。TVシリーズでは無能キャラとしての評判があったが,先輩が有能なだけだったようだ。現代日本が抱える問題の未来を描いている。劇中BGMを脳内で流しながら,PSYCHO-PASSワールドを楽しむ。

  • 雪見だいふく さん

    最新劇場版のコミカライズ。一作品につき1巻という感じで刊行されるのだろうか? メインは霜月監視官でサブが宜野座さんと六合塚さん。後のメンバー出番少なし。 バトルシーンでは宜野座さん大活躍。 やっぱりシュビラはロクデナイと今回も思った。 今回の事件の元凶な『アノ物質』サイコパス作品世界でなくとも、未来永劫問題引き起こすのだろうな。メイン舞台は青森になっていたが、『アノ施設』の成の果てな未来を暗示してたりして… 劇場版上映地域の方は、鑑賞してから読んだ方がいいようです。

  • 毎日が日曜日 さん

    ★★★

  • たけこ さん

    ストーリーやセリフもだけどコマ割も映画そのままという感じだった。でも文字でセリフを見ると理解が深まるから読んで良かった。

  • 藤和田 さん

    表紙通り霜月美佳と宜野座伸元コンビがメイン。嫌悪感しかなかった霜月ちゃんがしっかり活躍してて好感度上がったかも。それにしても、宜野さんかっこよくなりすぎだわ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品