国民義勇戦闘隊と学徒隊 隠蔽された「一億総特攻」 朝日選書

斉藤利彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784022631084
ISBN 10 : 4022631082
フォーマット
出版社
発行年月
2021年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
244p;19

内容詳細

敗戦間際の1945年―本土決戦に備えて組織された「国民義勇戦闘隊」の動員が実行されようとしていた。その具体的な計画などをまとめた新資料が近年、日本各地で発見された。国民義勇戦闘隊とは、女性や少年を含めた一般国民を戦闘員とする部隊。男性は15歳から60歳、女性は17歳から40歳までを対象とし、兵役を課した。全国で準備が進められ、本土決戦の際には兵士とともに武器を持って戦闘に加わることが義務づけられていた。国民義勇戦闘隊に関連する資料は、終戦後すぐに焼却命令が出され、組織的に隠蔽されたはずだった。長く眠っていた資料から浮かび上がってきたのは、「皇国護持」の名の下に国民総動員の戦闘が寸前まで迫っていた事実。竹ヤリ・手榴弾投擲・毒ガス訓練・肉弾攻撃・挺身斬込…戦後70年以上経て明らかになる「国民皆兵」「一億総特攻」の中身とは。その実像に迫った。

目次 : 第1章 「本土決戦」と国民義勇隊の創設/ 第2章 「一億総特攻」への準備/ 第3章 各地における国民義勇隊の結成と動員/ 第4章 老若男女に課せられた兵役/ 第5章 国民義勇戦闘隊の戦闘方法と『国民抗戦必携』/ 第6章 学徒義勇隊と戦闘訓練/ 第7章 国民義勇戦闘隊の戦死者

【著者紹介】
斉藤利彦 : 1953年福島県生まれ。学習院大学文学部教育学科教授。博士(教育学)。東京大学法学部卒業、同大学院教育学研究科博士課程修了。学習院大学助教授などを経て、94年より現職。専門は日本近代教育史、青年の自己形成史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • onepei さん

    これが大日本帝国の最期だったのだな

  • ぞだぐぁ さん

    働き盛りの年齢でなく学生等も工場で働かせたって話は良く聞くが、女性等含めて戦闘要員としようとしていたって話。 機密なので大体敗戦で指示書は焼却されていたが、指示を元に自治体単位で出された命令とか残された記録をを元に概要を追っている。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品