日中韓2000年の真実 なぜ歴史のウソがまかり通るのか 扶桑社新書

拳骨拓史

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594065201
ISBN 10 : 4594065201
フォーマット
出版社
発行年月
2011年12月
日本
追加情報
:
254p;18

内容詳細

未来は正しい歴史認識から。学校では教わらなかった日中韓の歴史

受容文化、戦争責任、そして現在進行中の領土問題。何かと日本の歴史を否定したがる中国・韓国に対して正しく反論するための知識が得られる一冊。渡部昇一氏が大推薦!

【著者紹介】
拳骨拓史 : 1976年生まれ。作家。漢学、東洋思想、東洋史の研究を行い、名越二荒之助(元高千穂商科大学教授)、杉之尾宣生(元防衛大学教授)に師事。日本のみならず、中国・韓国などで論文や研究発表などを精力的におこない成果を挙げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
竹島、尖閣諸島など、しっかりとした根拠を...

投稿日:2012/07/17 (火)

竹島、尖閣諸島など、しっかりとした根拠を出した上での議論が非常に貴重です。また、日本の特性を他国と比較して、弱点と解決法も提示しているのも本所の長所でしょう。

Human@TheEarth さん | 静岡県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Eiichi さん

    安倍首相の言葉を借りれば「中国は嫌な国だが外交はできる。韓国は交渉もできない愚かな国だ」の言葉通りの内容でした。また朴大統領の言葉を借りれば、「歴史を忘れた民族に未来はない」と、言葉をそっくりお返ししたい気持ちになりました。

  • mazda さん

    これまでの土下座外交は卒業して、こちらの主張をきちんと通すべき時期にきていると思います。財界にも、自分のところの製品が売れるように中国に気を使え、と政府に圧力をかける輩もいるようです。この手の外交問題の原点は、嘘の歴史を言いふらした日本人にある、と思います。我々の意思統一を図るべく、きちんとした歴史教育を行うことが何より先です。

  • keiトモニ さん

    中国はチェリーピッキングっていうの!どうりで中国人のピッキング事件が多発する訳だ。奴らの手口は巧妙且つ大胆で尖閣事件そのもの。ごね得を狙った韓国、被植民地支配の被害者であるといって、いちゃもんをつけ竹島領有を正当化する国民性は過去からあって驚きもしませんが。秀吉の朝鮮出兵は腐敗した李朝支配からの解放戦線だったや、韓国は中国の影響下に入ってから一度だって良かったか…?米や日本と組むほうが遥かに幸せは歴史が証明…これを実行しないから冊封国から脱出できず、本日2/21読売新聞にある「告げ口外交」を続けるんです。

  • ちばと〜る さん

    隣国を仮想敵国としなければ国内異分子を纏められない中韓。竹島、尖閣問題だけでなく両国の国民性から政治、歴史的背景からも中韓と日本との問題をわかりやすく描いた良書。でも小林よしのり『ゴー宣』戦争論読んでりゃ知ってる内容だなぁ。中韓両国とは毅然と是々非々とした議論をし、相互理解を!とのメッセージですが…無理っぽいよね〜

  • epitaph3 さん

    このままでは永遠に日本は中国・韓国に謝り続けなければならない。「日本が悪い」そういう歴史教育が、そういう歴史認識がされている日本。自国に有益になる歴史を学んで何が悪かろう。日本に誇りを持てる、歴史の復興を願う。この本はその1つ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

拳骨拓史

1976年生まれ。評論家。名越二荒之助(元高千穂商科大学教授)、杉之尾宜生(元防衛大学校教授)に師事し、漢学、東洋思想、東洋史の研究を展開している。中央乃木会理事、加藤友三郎元帥研究会副会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品