火の鳥《オリジナル版》復刻大全集 4(鳳凰編)

手塚治虫

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784835447469
ISBN 10 : 4835447468
フォーマット
出版社
発行年月
2011年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
391p;28

内容詳細

巨匠・手塚治虫の代表作にして、日本漫画史上不滅の最高傑作「火の鳥」。雑誌連載時の貴重なオリジナル版の全エピソードを初刊行。フルサイズ&フルカラー、全扉絵を収録した決定版全集。本書は鳳凰編。

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
中学時代に書店で見つけて購入し、あまりに...

投稿日:2011/09/23 (金)

中学時代に書店で見つけて購入し、あまりに巨大な感動でしばし呆然として以来、何度と無く読み返してきた鳳凰編。今回の復刻で、50才を越えて久しぶりに読み直し、何度も目頭が熱くなり、改めてこの作品の持つ素晴らしさを痛感しています。中学時代はどんでもないアバズレにも思えた「ブチ」のけなげさに、今回は、なんとも胸を締め付けられてしまいました。(考えてみると、その後、あこがれてはふられた幾人かの素敵な女性に、ブチの面影を探していたような気もして、手塚先生の作品がいかに自分の人生に影を落としていたか再認識した次第です。・・・余談でした。) 評価はもちろん5つ★です。 おそらく欧米だったら、黎明編から鳳凰編までの原画は、有数の美術館の殿堂入だと思うのですが、、、。

nasso さん | 岩手県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ぐうぐう さん

    このシリーズのテーマがここにおいてはっきりと確立し、『火の鳥』のひとつの到達点として「鳳凰編」はある。ストーリーの醍醐味もさることながら、圧倒的なのは、輪廻転生という哲学の表現の仕方だ。宗教から派生したその哲学を、しかし手塚は、宗教から切り離そうとする。奈良時代の大仏建立を舞台にしながら、その仏教批判を繰り広げるのだ。手塚の視点は、建立に努める支配者にあるのではなく、あくまで虐げられた人民にある。茜丸と我王の、その対極の結末が振り子となって、読者の心を激しく揺さぶる。

  • 半兵衛 さん

    米に埋もれて餓死する女が衝撃的だった。躍動感と鬼気が溢れる。

  • ギネス記録に載るくらい世界最高のお湯。 さん

    壮大なドラマで、この一作の中に二つの魂の生き様がある。本作において作者の輪廻観をまざまざと感じさせられました。大仏や風景のどでかい一枚絵がとても迫力あり絵になる。

  • わとそん さん

    すごくおもしろい

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

手塚治虫

1928年、大阪府生まれ。大阪大学医学専門部卒業。医学博士。1946年「マアチャンの日記帳」でデビュー。戦後ストーリーマンガのパイオニアであり、常にその牽引者として創作活動を続けた。89年2月9日没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品