こんな舞台を観てきた 扇田昭彦の日本現代演劇五〇年史

扇田昭彦

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309276700
ISBN 10 : 4309276709
フォーマット
出版社
発行年月
2015年12月
日本
追加情報
:
333p;19

内容詳細

朝日新聞・演劇担当記者として、また演劇ジャーナリストとして、半世紀にわたり時代を切りひらいてきた扇田昭彦。2015年5月に惜しまれながら急逝した氏が遺した、日本社会と時代をとらえつつ、舞台の感動と歓びに溢れた1960年〜2015年の劇評を集めた決定版!

目次 : 第1部 こんな舞台を観てきた―1960〜1995(状況劇場「唐十郎版・風の又三郎」1974/ つかこうへい事務所「定本・熱海殺人事件」1975/ 東宝ミュージカル「ラ・マンチャの男」1969/ 蜷川幸雄演出「ロミオとジュリエット」1974/ 天井棧敷の市街劇「ノック」1975 ほか)/ 第2部 こんな舞台を観てきた―1994〜2015(パルコ「オレアナ」1994/ 竹中直人の会「月光のつゝしみ」1994/ 青年団「火宅か修羅か」1995/ T.P.T.「渦巻」1995/ ダムタイプ「S/N」1996 ほか)

【著者紹介】
扇田昭彦 : 演劇評論家。1940年、東京都渋谷区生まれ、雑司ヶ谷に育つ。東京大学文学部西洋史学科卒。朝日新聞入社、津支局、横浜支局を経て、68年、東京本社学芸部にて演劇担当記者に。89年、『現代演劇の航海』(リブロポート/英訳:“The Voyage of Contemporary Japanese Theater”translated by J.Thomas Rime,University of Hawai’i Press)で芸術選奨新人賞。朝日新聞編集委員を経て退社後、2003年〜06年、国際演劇評論家協会(AICT)日本センター会長。元静岡文化芸術大学教授。15年5月22日、悪性リンパ腫のため急逝(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 法水 さん

    昨年5月に逝去された演劇評論家・扇田昭彦さんのまさに集大成。扇田さんが50年にわたってご覧になってきた作品の数数を追体験できるのだから、演劇ファン必携の書と言えましょう。とかく作り手には嫌われることの多い評論家という職業でありながら、扇田さんがこれだけ演劇関係者に愛されたというのは、やはり扇田さん自身が「一生を棒に振る」ほど演劇を心の底から愛していたからに他ならない。本当に本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。

  • s さん

    2015年に急逝した扇田昭彦氏の劇評集。前半は60年代から90年代前半に見た舞台を振り返ったもので、後半は近年までのリアルタイムの評。批評というものは往々にして独特の言葉遣いに陥りがちだが、著者の文章は平易で丁寧。脚本、演出から美術、俳優の演技まで的確な描写で、その舞台を見ていない読者にも内容が伝わる。60年代以降の演劇を誰よりも多く見て、作り手からも信頼された書き手であり、形に残らない演劇というジャンルを記録した功績は計り知れない。この人がいなければ、多くの舞台が忘れ去られてしまっていたかもしれない。

  • ちり さん

    後輩記者にネタバレされかかったら「言ったら絶交だからね!」という扇田さんの微笑ましさ

  • Luo Yang さん

    日本の演劇を50年以上見つめ続けてきた扇田昭彦さんの連綿たる劇評112本。その場にいなかった/いられなかった人間にとってほんとうにありがたい仕事です。

  • おいしいな  さん

    舞台の臨場感を味わえる本です。 すごい面白かったです

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品