タモリ学 タモリにとって「タモリ」とは何か? 文庫ぎんが堂

戸部田誠 (てれびのスキマ)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784781672076
ISBN 10 : 4781672078
フォーマット
発行年月
2022年02月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
368p;15

内容詳細

『「ジャズな生き方」とは、本書で書いたように、過去や未来に執着せず、「今」を自由に生きるという生き方なのです』。30歳でテレビの世界に入り、現代に至るまで数多くのテレビ番組に出演し続けるタモリ。全国民的タレントである彼の魅力とは何なのか。テレビ、ラジオ、書籍、インタビューでの発言やエピソードを抽出し分析。言葉・他者・仕事などの様々なテーマから、一視聴者の立場でタモリの哲学を浮かび上がらせる。

目次 : タモリにとって『いいとも』終了とは何か/ タモリにとって「偽善」とは何か/ タモリにとって「アドリブ」とは何か/ タモリにとって「意味」とは何か/ タモリにとって「言葉」とは何か/ タモリにとって「家族」とは何か/ タモリにとって「他者」とは何か/ タモリにとって「エロス」とは何か/ タモリにとって「仕事」とは何か/ タモリにとって「希望」とは何か/ タモリにとって「タモリ」とは何か

【著者紹介】
戸部田誠 : てれびのスキマ。1978年生まれ。『週刊SPA!』『週刊文春』「水道橋博士のメルマ旬報」などで連載中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • キック さん

    これは面白かったです。過去のテレビ・ラジオ・書籍・インタビュー等の発言やエピソードを抽出し、偽善・アドリブ・意味・言葉・家族・他者・仕事・希望等々の10の視点から掘り下げた労作。つまり「ウラ話」的なものは一切なく、表に出ているものをまとめ、深い考察に仕上がっています。「俺のやることに意味なんかあるわけがない」「反省なんかしない」「やる気のある奴は去れ」「一番恥ずかしいのは立派になるということ」。そして、タモリさんが掲げる『五無主義』は、過去や未来にこだわらず、今を生きろということ。意味深長な人生論でした。

  • YT さん

    博識なグラサンの好々爺で、どうやら昔はトガった芸を披露していたらしい...くらいのことしか知らず、私が意識した時にはもうタモリはタモリでした。 この本を読んで、ジャズにおけるインプロヴィゼーションのカッコよさや魅力が彼自身の生き方に現れていてそれが我々を惹きつけるのだな...と。 巻末の大タモリ年表も凄すぎる...笑 理論理論で考え方が凝り固まってるなぁ〜って時などフッと手にしたくなるような本です。

  • Youhei Takatsu さん

    あっという間に読み終えてしまった。なるほどタモリとはそういう人物だと改めて感じた。多趣味で知的センスあふれる人物。芸人という枠を超えたすごい人物。「笑っていいとも!」以外では、「タモリ倶楽部」「ウォッチング」「ボキャブラ天国」「音楽は世界だ!」「トリビアの泉」「ヨルタモリ」「ブラタモリ」などなどいずれもらしい番組ばかり。特に私は「音楽は世界だ!」「ヨルタモリ」が好きでした。 タモリ好きなら必読書です。巻末の大タモリ年表もいいです。

  • ルミナス さん

    253  さまざまな紆余曲折を経たうえで、悲観も楽観もせず「これでいいのだ」とありのままに受け入れ、自由に生きる。それこそがタモリをタモリたらしめているのだ。その現在にしか希望はないのだ。 巻末の年表は圧巻。著者の偏執狂的なタモリ愛を感じる。

  • レンコン餅 さん

    単行本で知っていても、巻末の大タモリ年表、すごく参考になる。いいとも!以降も補完できる。森田一義ルーツからタモリになりすまし、様々な番組を作り出す。知れば知るほど面白い人だよなぁ

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品