七月七日 幻冬舎ルチル文庫

愁堂れな

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344826700
ISBN 10 : 4344826701
フォーマット
発行年月
2012年11月
日本
追加情報
:
250p 15cm(A6)

内容詳細

佐久間行人は流田達と大学受験で偶然隣り合わせになり、入学後親友となった。その後、佐久間と流田は身体の関係を持つ。在学中に遺産を相続し浮世離れしている流田に、出会った日から惹かれながらもやがて結婚を選ぶ佐久間。一方流田は佐久間が結婚しても、一生彼への想いを抱え生きて行こうと思っている。結婚後も逢瀬を重ねる二人は…。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • わんコ! さん

    一度紙で読んで手放した本を電子で再購入。散策中に表紙みて、ふと読みたくなって。全体的に淡々とした印象でしたが流田の浮世離れした隠居ぶりと一途な想いが良かった。

  • ふみ さん

    流田(資産家、家賃収入での暮らし)×佐久間(会社員)サイトに掲載されたデビュー前の作品の文庫化!…大学受験の時に知り合い、友人付き合いから恋人同士になり、流田を愛しながらも結婚へ逃げた佐久間、それでも愛し合う二人の関係が、続いている所からお話が始まります…表題作はあらすじのお話で、あと、二人の出逢い編、表題作の前後編等で、短編5話収録(うち3話書下ろし)…真っ当を求める既婚者・佐久間と、浮世離れした流田との静かなラブストーリーで、あらすじから受ける印象、不倫という嫌悪感もなく、サラッとお話が読めました♪

  • ちょびちょび さん

    全部重陽の連作短編。歳時記と恋愛の組み合わせは大好き。しかし、付き合ってるのに結婚とかないわー。

  • ちるる さん

    イラスト買い。連作短編。サラッと読めてイラストには合っています。ふわふわとして、現実味のないお話に思えました。攻があまりいないタイプ。物語の中で、こんなに何もしていない攻も珍しいのでは。ひたすら受がやってくるのを待っている。受が結婚しているため、待つために家にいるのかと思いましたが…そうでもないような(笑)このふたりは不倫関係をあまり思い詰めてないように思えました。もっと苦悩があっても良かったな。

  • de sang-froid さん

    BL。親友・流田(左)の住む屋敷へ佐久間(右)がやって来て、結婚後も関係を続けている。ネット小説の文庫化ということですが、インパクト弱い。包容力のある流田と身勝手でずるい佐久間。最後にずどーんと、ダークな流田がニヤリとするオチでもあれば気分が晴れるのだが。優しい性格で通すなら、もっと佐久間がキリキリ苦しむ部分も書いて欲しかった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

愁堂れな

12月20日生、東京都出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品