蒲公英草紙 常野物語 集英社文庫

恩田陸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087462944
ISBN 10 : 4087462943
フォーマット
出版社
発行年月
2008年05月
日本
追加情報
:
16cm,273p

商品説明

懐かしく切ない傑作ファンタジー

20世紀初頭の東北の農村。少女峰子は、集落の名家・槙村家の聡子嬢の話し相手を務めていた。ある日、聡子の予言通りに村に謎めいた一家が訪ねてくる。不思議な力を持つ一族を描く感動長編。(解説/新井素子)

内容詳細

青い田園が広がる東北の農村の旧家槙村家にあの一族が訪れた。他人の記憶や感情をそのまま受け入れるちから、未来を予知するちから…、不思議な能力を持つという常野一族。槙村家の末娘聡子様とお話相手の峰子の周りには、平和で優しさにあふれた空気が満ちていたが、20世紀という新しい時代が、何かを少しずつ変えていく。今を懸命に生きる人々。懐かしい風景。待望の切なさと感動の長編。

【著者紹介】
恩田陸 : 1964年、宮城県生まれ。早稲田大学卒業。91年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作となった「六番目の小夜子」でデビュー。2005年「夜のピクニック」で第23回吉川英治文学新人賞、第2回本屋大賞を受賞。06年「ユージニア」で第59回日本推理作家協会賞長編及び連作短編集部門を受賞。07年「中庭の出来事」で第20回山本周五郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 風眠 さん

    明治時代、村の名士の邸に、病弱な令嬢の話し相手として奉公に出ていた少女の目線から、邸の人々の思い出、村で起こったこと、大人になっていく途中の心の揺れなど、少女らしい多感な感性で描かれている。『常世物語』シリーズの2作目である。根底にある雰囲気は『ユージニア』に似ているように思う。幼いながらも、命をかけて村の役に立ちたいと、氾濫した川の濁流に呑み込まれていった聡子の健気さに心打たれた。生きていく事の喜び、哀しみ、苦しみ、輝き、等々が、随所にちりばめられた傑作だと私は思う。何度でも読み返したい物語だ。

  • SJW さん

    常野物語の第2作目。時代と場所は20世紀初頭の東北の古き良き農村。お屋敷の末娘聡子について、お屋敷の隣の医者の娘峰子が回想するファンタジー。のどかな田園風景とお屋敷の人達を中心に描かれ、不思議な力を持つ春田家が引っ越してきて話に加わる。最後の運命の章には引き込まれてしまい、悲しみで終わるかと思ったが、不思議な力で聡子の思いが皆に伝わり悲しくも読後感は良かった。しかし、最後の場面は太平洋戦争直後で暗い時代の到来が切ない。

  • しんたろー さん

    常野シリーズの2作目で長編…明治後期、東北のある農村を舞台にして、医者の娘・峰子の目線で描かれる数年間の物語。村にやって来た「しまう」能力を持った一家との交流が牧歌的に語られる前半は淡々としているが、著者の筆力で「良く出来た昔話」のように退屈せずに楽しめた。中盤からの展開は切なく哀しい部分も多いが、情愛が込められた話なので素直に「信念」や「運命」に思いを馳せることができた。終盤は親子愛や他者への思いやりが深く、目頭が熱くなるシーンに心洗われる気分だった。「恩田流和製ファンタジー」と言える良作だと思う。

  • ダイ@2019.11.2〜一時休止 さん

    常野物語その2。今回は長編。前作に出てきた「しまう」が有効活用される?お涙モノでイイ感じです。

  • きんぎょっち さん

    異能の力を持つ常野の人間たちと、彼らと関わる人間たち。常野の力は普通の人の人生にどんな形でかかわってきたのか、常野一族はその力故にどんな生き方を選ばざるを得なかったのか、それらを丁寧にごく普通の少女の目から、彼女の人生を通して描いている。常野の能力は力ではあるけれど、人々の信念や心を脅かすようなものではなく、時代の流れに対抗できるものでもない。大きな流れの中で光る小石のようなものにすぎず、やがて、常野の人々もそれ以外の人々も、同じように川底に沈んでいくのだ、と言われたようなラストだった。せつない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

恩田陸

1964年、宮城県生まれ。92年、小説『六番目の小夜子』でデビュー。2005年『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞および第2回本屋大賞を受賞。06年『ユージニア』で第59回日本推理作家協会賞を受賞。07年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞を受賞。17年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十

プロフィール詳細へ

恩田陸に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド