七月に流れる花 講談社タイガ

恩田陸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065130216
ISBN 10 : 4065130212
フォーマット
出版社
発行年月
2018年09月
日本
追加情報
:
168p;15

内容詳細

少女が知る「夏のお城」の秘密とは。
稀代のストーリーテラー、恩田陸が仕掛けるダーク・ファンタジー
六月という半端な時期に夏流に転校してきたミチル。終業式の日、彼女は大きな鏡の中に、全身緑色をした不気味な「みどりおとこ」の影を見つける。逃げ出したミチルの手元には、呼ばれた子どもは必ず行かなければならない、夏の城―夏流城での林間学校への招待状が残されていた。五人の少女との古城での共同生活。少女たちはなぜ城に招かれたのか? 長く奇妙な夏が始まった。

【著者紹介】
恩田陸 : 1992年、『六番目の小夜子』でデビュー。2017年、『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十五賞、第14回本屋大賞をダブル受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • りょうこ さん

    恩田さんと言うだけで購入する気はあったのですが.... 思いのほか薄く..調べると続き物でもう1冊予定が...。2冊まとめてくれたらいいのになぁ。なんて思いながらも表紙の美しさに買ってしまった(笑) 初めはこれ....解決するのか?ハラハラしたが...。うん!2冊に分けた理由が分かって納得! なんか不思議な世界感で.. すごく記憶に残るお話でした! 私は大好きです!

  • かわゆきか さん

    恩田陸さん久々に読んだ気がする。サクッと読めるボリューム。見え方によって想像が膨らんでいって実は、、、って感じが短い本の中でたっぷり楽しめました。

  • 佐島楓@勉強中 さん

    蘇芳たちは、ミチルになぜほんとうのことを教えなかったのだろう? 知らないままでいたら彼女のなかに永遠の後悔が残ったかもしれなかったのに。物語に答えを出すことが必ずしも正しいことなのだろうか。雰囲気はすごくぞわぞわして好きなのだけれど。

  • 眠る山猫屋 さん

    サラッと読了。転校生のミチルが招かれた林間学校。学校もバラバラな六人の少女たちだけでの共同生活は、不思議な儀式とみどりおとこ≠ノまつわる奇妙な日々の始まりだった。みどりおとこ≠ェ物語の最後で昇華されたように夏の人≠ノ変わる時、梅雨を抜けたようなカラリと突き抜けた青空のイメージに移ろう。迷路を通り抜けたような感じ?雷雨のシーンは、流石の圧巻。佐藤蘇芳の謎を残したまま『八月は冷たい城』へ。

  • 麻衣 さん

    あなたを知らない誰かが、喪失は美しいという。そんな美しさを、わたしはあなたにあげたい。あのさみしい夏の底で、冷たいわたしの手をひいたあなたに、たとえばあなたに嘘をついた。魂は青空を泳ぐのだと。しあわせが七月のかたちをしているのなら、わたしの季節に夏はこない。あしもとで崩れたアイスクリームの死骸をみつめながら、あなたがいつかいなくなることばかりを考えているから泣けてしまう。花が語るのは沈黙ばかりで、わたしはきっとめをとじてしまう。わたしのみる夢を、それをあなたが知るはずない。知るはずないのです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

恩田陸

1964年宮城県生まれ。早稲田大学卒。92年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補となった『六番目の小夜子』でデビュー。2005年『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞と本屋大賞をダブル受賞。06年『ユージニア』で日本推理作家協会賞受賞、07年『中庭の出来事』で山本周五郎賞を受賞。17年『蜜蜂と遠雷

プロフィール詳細へ

恩田陸に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品