だから見るなといったのに 九つの奇妙な物語 新潮文庫nex

恩田陸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784101801322
ISBN 10 : 4101801320
フォーマット
出版社
発行年月
2018年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
芦沢央 ,  
追加情報
:
312p;16

内容詳細

あのとき、目をそらしていたら。でも、もはや手遅れ。あなたはもとの世界には二度と戻れない。恐怖へ誘うのは、親切な顔をした隣人、奇妙な思い出を語り出す友人、おぞましい秘密を隠した恋人、身の毛もよだつ告白を始める旅の道連れ、そして、自分自身…。背筋が凍りつく怪談から、不思議と魅惑に満ちた奇譚まで。作家たちそれぞれの個性が妖しく溶け合った、戦慄のアンソロジー。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しんたろー さん

    普段は読まないアンソロジーだが、好きな作家が多いので手に取った。恩田さんは彼女らしいホラーでファンなら楽しめる。芦沢さんは既読で残念だったが再読でも面白い。初読み海猫沢さんはミステリっぽいホラーで楽しめた。織守さんは『記憶屋』を彷彿させる情緒あるホラーで好み。さやかさんのイラストは耽美的な怖さが漂った。初読み小林さんはSFチックな作風が巧みだった。澤村さんはホラー作家として脂が乗っている感じで一番ゾッとした。初読み前川さんは切ないファンタジーに思えた。北村さんは文学ミステリとでも言える不思議な話だった。

  • KAZOO さん

    幽霊やお化けが怖いというのは常識なのですが、ここに収められている9つの短編は人間の怖さを描いていて読んだ後にじわと送るような怖さがあります。恩田陸さん、北村薫さん以外はほとんど読んだことがない作家さんばかりで、絵だけの作品もあり様々な怖さを体験させてくれます。

  • うどん さん

    奇妙な物語…。こういうの大好物です。芹沢さんは既読でした。中でも「とわの家の女」面白かったです!

  • おかむー さん

    タイトルからもわかるとおり、九人の作家による恐怖と奇妙さが入り混じったアンソロジー。『よくできました』。恩田陸、芦沢央、織守きょうや、小林泰三、澤村伊智、北村薫までは知っていたけれど、海猫沢めろん、前川知大、さやか(イラスト)の三名は初見の作家さん。一人称視点での語り形式が多いので現代型の怪談という印象が強いが、一話目の「あまりりす」は独特の手法で印象的。「とわの家の女」はラストに悲壮感が欲しかったところ。「破落戸の話」と「高速怪談」は脈絡のなさがネット怪談といった感触。

  • おたけஐ೨♡🎑 さん

    81/100点 9人の作家のちょっと軽めのホラーアンソロジー。そうそうたるメンバーですが芦沢さんと北村さんの作品は既読でした。怖いというよりちょっと奇妙な物語といった感じの話しが多かったです。中では澤村伊智さんの「高速怪談」が一番面白く一番怖かったです。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

恩田陸

1964年宮城県生まれ。早稲田大学卒。92年、日本ファンタジーノベル大賞の最終候補となった『六番目の小夜子』でデビュー。2005年『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞と本屋大賞をダブル受賞。06年『ユージニア』で日本推理作家協会賞受賞、07年『中庭の出来事』で山本周五郎賞を受賞。17年『蜜蜂と遠雷

プロフィール詳細へ

恩田陸に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品