かがみのなか 怪談えほん

恩田陸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784265079568
ISBN 10 : 4265079563
フォーマット
出版社
発行年月
2014年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
29

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    岩崎書店の怪談えほんは好きなシリーズで、恩田陸原作の絵本は初めてです。古代から鏡には魔物が憑き物ですが、現代にも脈々とつながっているようです。本来なら左右反転しただけで実際の姿が映っているだけのはずですが・・・鏡に映っている目が死霊の眼になっていて、紋白蝶を喰らっている姿は大変不気味です。この学校には過去悍ましい事件があったのでしょうか?

  • 馨 さん

    恩田陸さんの怪談えほんということで気になり読了。どこにでもあるかがみが怖い存在になりそうです。子供はトラウマになったりしないのかな?学校の鏡なんて、そうでなくても古いものも多いし少しブキミな感じがします。

  • 匠 さん

    怪談えほんシリーズも6冊目。今回は恩田陸氏の作。これまで、恐怖感を感じるさまざまなものがモチーフとして取り上げられてきたけれど、そうそう鏡も忘れてはいけないよね。鏡に映ってるものは果たして本当に真実なのか。鏡に映る自分は他人から見た自分と同じなのか、すごく気になった時期があった。特に真夜中の鏡は見てはいけない気がして、今でも避けてたりするんだけど、この絵本を読んだら学校という場所がますます怖さを際立たせてる(笑)樋口佳絵さんの描く顔も恐ろしい。なんなんだあの目元。正視できないよ。

  • KAZOO さん

    怪談えほんシリーズの恩田さんと樋口さんの絵による作品です。題名どおりかがみというものは一種こわい感じがしますよね。鏡を両サイドにおいて自分が真ん中にいる時など鏡のずっと奥はどうなっているのかと考えてしまいます。そこまでの怖さはこの本にはないのですが、かがみのなかの女の子の顔がやはり不気味ですね。子供はこのような本に対して大丈夫なのですかね。

  • 七色一味 さん

    読破。お話は抑えめ。多分お話を読んでいると、怖さは全くないんじゃないかと。絵が怖い。もう表紙から怖いんですけど。本を読むオトナには「鏡」といっただけでどんな恐怖が待ち受けているか、大体想像はつきますが、やっぱりいざ、となると怖いです。そして絵との相乗効果か、その部分の文も合わせると、もっと怖くなる。これ、子供には絶対見せられんな…。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

恩田陸

1964年、宮城県生まれ。92年、小説『六番目の小夜子』でデビュー。2005年『夜のピクニック』で第26回吉川英治文学新人賞および第2回本屋大賞を受賞。06年『ユージニア』で第59回日本推理作家協会賞を受賞。07年『中庭の出来事』で第20回山本周五郎賞を受賞。17年『蜜蜂と遠雷』で第156回直木三十

プロフィール詳細へ

恩田陸に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品