志村流 当たり前のことが出来れば、仕事も人生も絶対に成功する 王様文庫

志村けん

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784837962755
ISBN 10 : 4837962750
フォーマット
出版社
発行年月
2005年02月
日本
追加情報
:
210p;15

内容詳細

「好きな道一筋で、ここまで来られたのだから、けっこう幸せだったと思う」
「吐きそうなくらいつらかったことや悲しかったこと、悔しかったこともたくさんあった。でも、最後は自分しかいない、最後の頼りは自分だけ、という信念みたいなものがあったからこそ、何とか頑張ってこられたのかもしれない」
──「はじめに」抜粋

◆ 一生を一日二十四時間で考えたら
◆ 準備こそ全力投球
◆ 二等賞がホントの一等賞
◆ 考える前に、まずマネしてみる
◆ 偉大なるマンネリはスタンダードになる

天才なのに超努力家。
これが「志村けん」という生き方。

[著者紹介]
志村けん(しむら・けん)
1950年2月20日東京都東村山市生まれ。
ザ・ドリフターズの付き人を経て、七四年四月正式メンバーに。
『8時だヨ!全員集合』で、東村山音頭や加藤茶とのひげダンス、カラスの唄などが大人気となり、国民的スターとなる。八六年からは単独でも活動。
主なキャラクターに「バカ殿様」「変なおじさん」「ひとみばあさん」などがある。
著書に『変なおじさん【完全版】』(新潮社)、『これでカラダだいじょうぶだぁ〜! 志村けんのズボラ健康術』(アスコム)、『志村流遊び術』(マガジンハウス)がある。

【著者紹介】
志村けん : 1950年2月20日東京都東村山生まれ。ザ・ドリフターズの付き人を経て、74年4月正式メンバーに。『8時だヨ!全員集合』で、東村山音頭や加藤茶とのひげダンス、カラスの唄などが大人気となり、国民的スターとなる。86年からは単独でも活動。主なキャラクターに「バカ殿様」「変なおじさん」「ひとみばあさん」などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 真香 さん

    急逝に伴い、15年ぶりに重刷。図書館で単行本を借りる予定が、書店で平積みされていた帯の素敵な笑顔に惹かれて購入してしまった。志村さんが、浮き沈みの激しい芸能界で長年第一線で活躍してこられた秘訣を知ることができる。コントのヘンテコキャラからは想像できないほど、素は極めて常識人でストイックで真面目な方。”人生”の章の「一生を一日二十四時間で考えたら」の話は、なるほど!と膝を打ちたくなるような、面白い考え方だった。最後に志村さんへ、たくさん楽しませていただき、本当にありがとうございました。ずっと忘れません。

  • Shoji さん

    志村けんさんの仕事、金、遊び、女、酒の飲み方に関する考えが書かれています。内容は自己啓発本のようでもありますし、人生の指針のようでもあります。少なくともギャグが書かれた本ではありません。志村けんさんには三つの顔があって、本名の志村、タレントの志村、バカ殿などキャラクターの志村、三つの志村を語っている章がとても印象に残りました。急逝の知らせは本当にショッキングでした。♪ひがしむらやぁーまー♪と、頭に浮かんできます。合掌。

  • オレンジ・スター さん

    志村さん(享年70)が52歳の時に書いた本とのこと。人生を振りかえっているものではなく、生き方を示したもの。読んでみると、随所に笑いのプロフェッショナルを感じる。以前、仲本工事さんが「一番の勉強家は志村」とおっしゃっていたが、志村さんの笑いはドリフターズ(いかりやさん)の笑いである念入りに研究して、稽古をした計算し尽くした笑いであると改めてわかる。バカ殿のブランド管理も、そこまで考えてるんだという感じ。また、結婚されなかった理由もわかったような気がした。やはり、生涯現役の喜劇のプロだったんだと感じた。

  • マッちゃま さん

    一度は読む手が止まった本。表紙の「当たり前のことが出来れば、仕事も人生も絶対に成功する」その当たり前がなかなか出来ないんだろよい、そう思ってしまう自分の手が止めた。少し時間を置いて読み始める。志村さんは何度も例えと変えて、違う引き出しも開けて見せ同じ事を語ってくれる。何も出来ない事をするんじゃなくて、目標達成に対して『当たり前のことをすりゃいいんだよ』と。繰り返される事が励ましに聞こえ、いろんな手札を見せてくれる事で諦めない事の大切さを知る。サラッと上手くいかない時の対処法も書いてある。これが志村流だと。

  • サラダボウル さん

    2005年刊。志村けんさん。東京都東村山市出身。本書は彼からちょっとしんどくなっている人へのエール。内容は社員研修に使われそうな程至極真っ当。礼儀、時間厳守、準備こそ全力投球。人をほめること。「常識人の変な人」でありたい、という彼の厳しさ、優しさ、職人魂がある。彼が残してくれた多くのものに感謝して、強く笑って生きる事を実践したいなと思う。なかなか難しいけど‥。今年も読書メーターの皆様には大変お世話になりました。本読みさんたちがたくさんいる!この空間に助けられます。ありがとうございます。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

志村けんに関連するトピックス

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品