縄文里山づくり 御所野遺跡の縄文体験

御所野縄文博物館

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784787721068
ISBN 10 : 4787721062
フォーマット
出版社
発行年月
2021年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
96p;21

内容詳細

縄文時代がやってきた!長かった北国の冬が終わり、雪解けとともに植物が少しずつ芽吹き、あちらこちらで白い花が見えるようになると、縄文人の忙しい一年がはじまります。

目次 : 縄文里山の四季 春/ 縄文里山の四季 夏/ 縄文里山の四季 秋/ 縄文里山の四季 冬/ 縄文里山とは/ 土に残る記録/ 木を育てる/ 住居をつくった木は/ なぜ建物にクリを使ったのか/ 土屋根の竪穴建物/ 縄をつくる/ 薪はナラ材/ 御所野の粘土で土器をつくる/ 縄文人の植物利用/ 木の実を採る/ ウルシの木を育てて使う/ スズタケでカゴを編む/ サルナシで編む/ 縄文里山づくりで見えてきたこと/ 持続する取り組み

【著者紹介】
高田和徳 : 岩手県出身。岩手県教育委員会文化課、一戸町教育委員会社会教育課を経て、現在、御所野縄文博物館館長(いちのへ文化・芸術NPO代表理事)

菅野紀子 : 岩手県出身。(公財)岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センターを経て、現在、御所野縄文博物館主任学芸員兼世界遺産登録推進室文化財主任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kaz さん

    実際に木を伐採したり縄を作ったりしたりする様子が紹介されており、興味深い。図書館の内容紹介は『縄文時代に800年つづいたムラであることがわかった岩手県の御所野遺跡。縄文時代の森や川、住居や四季の狩猟採集活動の復元、縄づくりやカゴ編みといった活動を、カラー写真とともに紹介する』。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

哲学・歴史・宗教 に関連する商品情報

おすすめの商品