猫の姫、狩りをする 妖怪の子預かります 6 創元推理文庫

廣嶋玲子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784488565084
ISBN 10 : 4488565085
フォーマット
出版社
発行年月
2018年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
246p;15

内容詳細

妖猫族の姫である王蜜の君が、太鼓長屋の弥助のところに居候することになった。弥助べったりの千弥がいい顔をするはずはなく、力の弱い玉雪に至っては、弥助の家に近づけなくなる始末。そんな中、弥助の周辺で猫絡みの事件が頻発、子猫を狙う不気味な女まで出現し、猫の守り手たる王蜜の君は放っておけず、事件の裏を探り始める。今回は猫尽くし、お江戸妖怪ファンタジー第六弾。

【著者紹介】
広嶋玲子 : 神奈川県生まれ。『水妖の森』で、ジュニア冒険小説大賞を受賞し2006年にデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • はな さん

    図書館本。王蜜の君がとても好きになれる1冊。気まぐれで人の世界を楽しもうと白猫になって人の世界を楽しむ様子がこちらも楽しくなれます。でも、やはり妖であっていろいろ猫が不幸に巻き込まれていると、眷属に害をなしたということで悪人を懲らしめる感じも凛とした姫様という感じもかっこいいなと思いました。このシリーズで一番好きなキャラクターになりました。

  • ぽろん さん

    シリーズ6巻目、安定の面白さ、いやいや、益々の面白さだった。今回は、猫姫が大活躍。人間の勝手な欲望の為に命を失った猫達を助ける為に奔走。このシリーズはやっぱりいいなあ。

  • 一華 さん

    六作目…猫づくしの巻。王蜜の君が人間界に感心を持ち、白蜜となって太鼓長屋で弥助らとともに過ごすなか、猫絡みのきな臭い事件が発生し…人間の業の深さに巻き込まれた猫たちが哀れ。そして、久蔵の努力と願い虚しく、お姫さんがふたりとは…萩乃さまのところにもふたりおったよね〜ますます、今後が楽しくなりそう。現代なら白蜜に「ちゅーる」与えたらすぐに手なづけらそうだけどね。

  • み さん

    さくさくと♪猫づくしのお話し(^o^)姫さま、カッケー。久蔵さんの、女の子はイヤの理由は可愛いのに、お気の毒です(>_<)ダブル…。

  • まみ〜 さん

    妖猫族の姫・王蜜の君?同じ猫族たちが人間を大事にする気持ちを知りたくなり、弥助の所に行く?そして町では猫に絡む事件が頻発?猫の守り手でもある王蜜の君は、事件の裏を探り始める…? うん、可愛い猫いっぱい?(笑)王蜜の君が美しく優しい?何の罪もない猫に危害を加えた人間には、相応の罰が当たり、優しくしてくれた人間には相応の幸いが訪れる?✨ そして久蔵がついに父親に?どんな可愛い赤ちゃんなのか、次も楽しみにしてます?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品