マチネの終わりに

平野啓一郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784620108193
ISBN 10 : 4620108197
フォーマット
出版社
発行年月
2016年04月
日本
追加情報
:
406p;20

内容詳細

結婚した相手は、人生最愛の人ですか?ただ愛する人と一緒にいたかった。なぜ別れなければならなかったのか。恋の仕方を忘れた大人に贈る恋愛小説。

【著者紹介】
平野啓一郎 : 1975年、愛知県生れ。北九州市で育つ。京都大学法学部卒。大学在学中の1999年、「新潮」に投稿した「日蝕」により芥川賞を受賞。以後、数々の作品を発表し、各国で翻訳されている。『決壊』(芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞)、『ドーン』(ドゥマゴ文学賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Yunemo さん

    5年半かけて3度の出会いで、こんなにも静かに、長きに亘り、揺れ惑う炎が燃え続けていた情景、どう捉えていいのか、ただ戸惑いばかり。未来は常に過去を変えている、変えられる、変わってしまう。この表現の正当性が何となく自身の中で消化できることに不思議感。抽象論も含めいろんな要素が詰め込まれています。ただ孤独というのが幅広い意味での世界への影響力の欠如、一番身近には男と女が含まれます。互いに慮るばかりにすれ違いの連続。あくまで日本的な心情の積み重ねに心惹かれます。人生の折り返しの年齢でのこの切なさ、感じ入って読了。

  • ウッディ さん

    ギタリストの蒔田は、自身のコンサートの打ち上げで国際ジャーナリストの洋子と出会い、お互いに惹かれあう。遠距離、ギタリストとしてのスランプ、テロによるPTSDなどの数々の障害を克服して、交わるかに思われた二人の人生は運命のいたずらで引き裂かれて行く。久々に読んだ大人の恋愛小説でした。ゆっくりと育んだ愛が、一通のメールを機に壊されてしまう不条理に歯がゆさを想いながらの読書でした。ジャリーラと三人で過ごした夜のシーン、セントラルパークでの再会後、二人はどうなるのかという余韻を残したラストなど美しい物語でした。

  • starbro さん

    図書館の予約に大幅に出遅れてようやく読めました。出版されて1年4か月経過しているので、新作ハンターとして失格です。評判が良さそうなので、久々の平野啓一郎作品を期待して読んだのですが、大人のお洒落な恋愛事情といった感じで、あまり感銘しませんでした。アラフォーだと経験値からもっと素敵な恋愛が出来そうな気もしますが・・・

  • 風眠 さん

    「未来は常に過去を変えている」クラシックギタリストの蒔野が、国際ジャーナリストの洋子に語った言葉は、実感を伴って私の胸にも響く。その時には、これ以上の関係にはなれないだろうと思っていた人。長い月日を過ごし互いに心寄せていても、ふたをして閉じ込めていた想い。物理的に離れてしまうというきっかけがなければ、きっと今も想いを言わずにいただろう。ニューヨークでの「マチネの終わり」に、再会した蒔野と洋子。ふたりの未来は過去を変えるだろうか。終わるかもしれない、終われないかもしれない。切なさが尾を引くラストが美しい。

  • 遥かなる想い さん

    平野啓一郎が描く大人の恋の物語。 現在は過去を変えてくれるのか.. 抑え気味の筆致と 清冽な心の交流が心地よい。 蒔野聡史と 小峰洋子の恋..すれ違いが 二人の人生を変えていく..「マチネ」とは 午後の演奏会らしいが.. 最後は心が和む、上質な恋の物語だった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

平野啓一郎

1975年、愛知県生まれ。京都大学法学部卒業。大学在学中に発表した『日蝕』で第120回芥川賞を受賞。著書に、『一月物語』『葬送』『高瀬川』『滴り落ちる時計たちの波紋』『あなたがいなかった、あなた』『決壊』などがある。『決壊』で芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。

プロフィール詳細へ

平野啓一郎に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド