奇妙な死体のとんでもない事情: 2万人を検死した法医学者の事件ファイル

巽信二

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309249391
ISBN 10 : 4309249396
フォーマット
出版社
発行年月
2019年12月
日本
追加情報
:
198p;19

内容詳細

推理小説やテレビドラマの世界では、監察医は死体を鑑定し、事件の真相を鮮やかに解明していく。しかし現実は、そう一筋縄ではいかない。ときに死因の特定に呻吟し、しばしば遺族の無念に思いを馳せる…。死体と向き合い続けて40年の法医学者が目を瞠った衝撃のリアル!

目次 : 1章 死体に刻まれた記録。真実はひとつしかない/ 2章 事件を告発する遺体、犯罪を否定する遺体/ 3章 社会の病理に斃れた声なき犠牲者たち/ 4章 証人として出廷し被告人と対峙する/ 5章 法医学者としてどう遺族に寄り添うか/ 6章 阪神・淡路、東日本…震災という慟哭の現場/ 7章 もの言わぬ遺体から授けられた教え

【著者紹介】
巽信二 : 1954年、大阪府生まれ。近畿大学医学部法医学教室主任教授。医学博士(法医学者・監察医)。1980年、近畿大学医学部医学科を卒業後、同大講師、助教授を経て、2007年から現職。1985年より大阪府監察医事務所監察医。大阪府・大阪市被虐待児鑑定医も務める。2010年には法務大臣賞、大阪高等検察庁検事長賞を受賞。大阪府警を中心に捜査協力も行なっており、数々の事件を解決へと導いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ma-bo さん

    2万体以上を検死した法医学者の著書。はっきりとは明かしてはないが、有名な事件の検死だと推測出来る記述あり。また事件(虐待等)性があっても、偶然に起こってしまった事故だとしても幼い子供の検死にまつわる話はやるせない。 法医学者は、人はなぜ死ぬのか、どういう原因で死んだのかというメカニズムを解き明かし、誰にでもわかるように説明しなければならないとの事だ。文章全体を通じて著書の誠実さ、遺体に対する尊厳、誠意を感じられた。

  • 澤水月 さん

    主に関西の有名事件も多々、裁判にも出廷する。密室犯罪で考察を証拠づけるピンク歯、鬱血が全て…中央に伝わりづらい生々しいエピソードが多い。幼児が父の作った遊具により痛ましい死を遂げた案件の際には開胸はするもあえて開頭はせず(例外中の例外)と冷静だが情誼厚く仕事遂行。東日本大震災支援の現場では福島で被曝を防ぐため「指を採取せよ」と命下るもツメにしろと突っぱねる気骨。幼児や老人臨床もしており、血が温かい。一番驚いた話は孤独死者の脇で共に餓死する大型犬と、飼い主を×らう犬の差…単なる餌係と認識されていると平気で…

  • ケニオミ さん

    検死関係の本は好んで読んでいます。本書も図書館の新刊本コーナーで見つけ、お持ち帰りしました。初めは「ご遺体」など、僕にとって違和感のある敬語が鼻に付いて仕方ありませんでしたが、読了する頃には、作者の遺体に対する尊厳が理解できるようになりました。

  • くまくま さん

    この事件ニュースで見たことあるなと思って感慨深い

  • レティクル座に希望を見出だすCES さん

    題名から受ける印象に反して、著者の職業人としての誠実さを感じる内容。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

巽信二

1954年、大阪府生まれ。近畿大学医学部法医学教室主任教授。医学博士(法医学者・監察医)。1980年、近畿大学医学部医学科を卒業後、同大講師、助教授を経て、2007年から現職。1985年より大阪府監察医事務所監察医。大阪府・大阪市被虐待児鑑定医も務める。2010年には法務大臣賞、大阪高等検察庁検事長

プロフィール詳細へ

物理・科学・医学 に関連する商品情報

  • 【特集】読んで学ぶ・知る「新型コロナウイルス」「感染症」 今読まれている、新型コロナウイルス・感染症関する本。ベストセラー/医学系専門書/文芸・新書などをご紹介。 |2020年05月11日 (月) 11:30
    【特集】読んで学ぶ・知る「新型コロナウイルス」「感染症」
  • 【特集】医学・看護・薬学専門書籍 イヤー・ノート、クエバン、今日の治療薬など、医学・薬学・看護系を目指すのに欠かせない、医学・医療系専門書をご紹介。 |2020年04月09日 (木) 00:00
    【特集】医学・看護・薬学専門書籍
  • BLSヘルスケアプロバイダーコースの本 病院の内外で実践できる,個人およびチームのBLSスキルを指導する『BLSヘルスケアプロバイダー受講者マニュアル』のほ... |2016年02月10日 (水) 16:45
    BLSヘルスケアプロバイダーコースの本
  • 神経学を学ぶ学生必携の書 画像検査から緩和ケアまで、最新の内容を盛り込み、神経学の教科書として時代に即した内容が自慢の『臨床神経内科学』。本改... |2016年02月10日 (水) 16:33
    神経学を学ぶ学生必携の書
  • 内科、外科1700疾患を1冊に凝縮 多くの病棟で常備され,看護師をはじめ,様々な医療従事者に利用されている『イヤーノート 2017 内科・外科編』。認定... |2016年02月10日 (水) 16:23
    内科、外科1700疾患を1冊に凝縮
  • 3種類から選べる『理科年表』 自然科学を全分野にわたって集約した「自然界の辞典」ともいえる『理科年表 平成28年』。通常版のほかに、文字が大きく読... |2016年01月13日 (水) 17:16
    3種類から選べる『理科年表』

おすすめの商品