民間人のための戦場行動マニュアル もしも戦争に巻き込まれたらこうやって生きのびる

川口拓

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416519356
ISBN 10 : 4416519354
フォーマット
出版社
発行年月
2019年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
271p;19

内容詳細

もしも戦争に巻き込まれたら、あなたは生き残る方法を知っていますか?テロやさまざまな工作による国内治安の悪化から、弾道ミサイル、空爆、そして占領下での行動、自身に向けての発砲まで、これら戦争で起こりうるさまざまなリスクに対して、どう対処すればいいのか?本書は、自衛隊のサバイバル及び戦闘訓練教官を務めた著者が、戦場でのそういったリスクに対する自助方法を解説する、戦場サバイバルマニュアルです。いまや、戦争だけでなくテロや暴動・クーデターなどさまざまな動乱に巻き込まれる危険性は決して低くはありません。自身だけでなく、大切な人を守らなければならないとき、本書は必ず役に立つはずです。

目次 : 1 開戦前(開戦。そのとき何が起こるのか/ 開戦前に準備しておくべきこと)/ 2 ゲリラ攻撃とテロリズム(ゲリラ・テロ攻撃のおそれ/ ゲリラ・テロ攻撃に遭遇しないために/ ゲリラ・テロ攻撃に遭遇してしまったら)/ 3 開戦(弾道ミサイルが飛んできた/ 弾道ミサイルが着弾したら/ 航空機による爆撃/ 恐るべきNBC兵器)/ 4 占領(敵軍上陸/ 占領下での生活/ 降伏する技術)/ 5 戦場を生き抜く技術(戦場で何が起きるのか/ 戦場の行動学/ 戦場の歩き方/ 戦場で生活する)

【著者紹介】
川口拓 : (一社)危機管理リーダー教育協会。自然学校「WILD AND NATIVE」を主催し、地球とのつながりを感じる自然体験プログラムを実施。2013年、一般社団法人「危機管理リーダー教育協会」を設立。テレビ、雑誌などメディアへの企画協力や出演も多数。CMLE災害対策インストラクター養成トレーナー、CMLEブッシュクラフトインストラクタートレーナー、自衛隊危機管理教官、自衛隊サバイバル教官(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • G-dark さん

    自分・家族・知人が戦場で生き残るためには どんな行動をすべきなのかまとめた本。開戦前に準備しておくべきこと、ゲリラ・テロ攻撃に遭遇する確率を低くする方法と運悪く遭遇した時の行動、戦場での歩き方、降伏の仕方などが書かれています。あくまでも架空の国の戦場を想定したサバイバルマニュアルですが、「日本は安全」というのは思い込みに過ぎず、日本に違法薬物や銃器が持ち込まれていたり、テロ対策もかなり遅れていたり、某国から頻繁に「飛翔体」が飛ばされていたり、中東情勢も緊迫したままという現状なので、読んで損はありません。

  • ひょるひょる さん

    わかりやすくて参考になった。わかりやすい分だけ、その場面を具体的に想像できてしまって、やっぱり戦争はいけないと改めて思った。この本を読んで得た知識を活用しなくて済むことを切に願う。

  • Meistersinger さん

    知っていたことも多いが、カムフラージュで「人らしい輪郭をなくす」は斬新だった。オープンセキュリティサークル(自分からの距離で脅威を考える)、ベースライン(平常時の状態で、ここからの逸脱を考える)は憶えておくべき。

  • くらーく さん

    まあ、戦争に巻き込まれるより災害に巻き込まれる確率の方が高そうだけど、こういうのは一読しておくと、何かの役に立つ。 まずは、18ページだけは必須だな。情報を集めて分析。フェイクじゃだめだな。それと、50ページ。逃げる事だ。 津波も土砂崩れも、逃げていれば、命までは取られない事が多いし。まして、戦争はいきなり来ないからな。 まあ、弾道ミサイルを撃ち込まれて、着弾点近くにいた場合は、仕方ない。それもまた運命だし。 でも、正直言って、日本が戦場になったら、結構社会的問題は解決するだろうな。ならない事を祈るけど。

  • 猫道を極めし者 さん

    ベースラインというのは、波紋を見逃さないようにするのが大事。見慣れない不審な車とか見分けるのは重要です。スカウトの知識は大変興味深かったです。こういうスキルを日本、民間でも学べるように出来ればいいなと思います。 もし戦争になったら、生き残れるかどうか、心配です😞

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

川口拓

1971年、地球の日(4/22)に生まれる。カナダやアメリカで雪山登山、ロッククライミング、野外教育法、ネイティブアメリカン古来の教え、大地と共に生きるサバイバル技術等を学ぶ。自然学校「WILD AND NATIVE」主催、2013年一般社団法人危機管理リーダー教育協会設立。テレビ、雑誌などメディア

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品