レッド・ヴァイオリン 光と影を抱いて

川井郁子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784620606101
ISBN 10 : 4620606103
フォーマット
出版社
発行年月
2004年12月
日本
追加情報
:
20cm,107p

商品説明

レッド・ヴァイオリン
川井郁子著

ヴァイオリニスト、作曲家、女優・・・。多彩な活躍で脚光を浴びる著者が、音楽、官能、恋愛、人生について赤裸々に語った初のフォトエッセー集。A5変型判 120頁

内容詳細

“恍惚と不安”の狭間で揺れる心性。音楽、官能、恋愛…。表現の美神が初めて明かす内なる声。初のフォトエッセー集。

目次 : ステージ上の私 恍惚と不安の狭間で/ 少女/ 孤独感/ ヴァイオリン/ 東京/ 恋/ 別離/ ヴァイオリンから遠かった日々/ レッド・ヴァイオリン/ 音への執着〔ほか〕

【著者紹介】
川井郁子 : 香川県高松市出身。東京芸術大学卒業・同大学院修了。大阪芸術大学(芸術学部)教授。ソリストとして、国内外の主要オーケストラの他、サレー・アンタル・ジプシー楽団、ジプシーキングス、フェイ・ウォン、シーラ・E、東儀秀樹や、バレエ・ダンサー熊川哲也らともジャンルの枠を越えて幅広く共演。女優としても1998年東宝映画『絆』で批評家大賞新人賞を受賞した他、NHKドラマ『風の盆から』等にも出演。これまでにビクターエンタテインメントより、CD『The Red Violin』『Violin Muse』『Instinct』、DVD『Instinct Live 2002』をリリース。2004年2月にリリースされた最新アルバム『AURORA』は発売と同時にクラシック・チャート第1位を獲得、総合チャートでも上位に躍進し、その後もロング・セールスを記録。2004年10月からはテレビ東京系『ミューズの楽譜(スコア)』にレギュラー出演中。使用楽器はフランチェスコ・ルジェーリ。(クレモナ/1675年製作、大阪芸術大学所蔵)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品