転生したらスライムだった件 13 シリウスKC

川上泰樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065177648
ISBN 10 : 4065177642
フォーマット
出版社
発売日
2019年12月04日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
189p;19

内容詳細

リムルはシズの心残りであった子供達を救い、イングラシア王国を後にした。しかしその帰り際、西方聖教会聖騎士団長ヒナタ・サカグチの襲撃を受けてしまう。分身体を囮に使いヒナタの攻撃を凌いだリムルだが、魔国連邦(テンペスト)への帰還が遅れてしまう。その間、魔国連邦では異世界人である、田口省吾(ショウゴ・タグチ)、水谷希星(キララ・ミズタニ)、橘恭弥(キョウヤ・タチバナ)による攻撃が始まっていた。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • exsoy さん

    涙腺よわよわなので会議のシーンで涙が止まらんかったわ…

  • レリナ さん

    リムルが見た惨状。自らが成した国が荒らされ、リムルは魔王になる決意をする。そして反撃が始まる。前巻のシリアスな展開からのシリアス。今までにない雰囲気の中、戦いは激化する。リムルからしたらショックどころではない感じだろうな。死者を蘇生する方法があると言っても犠牲は止む無しだし、どうなるやら。元人間のリムルが作った国のルールの縛りがこう逆方向に機能してしまうとは。魔王になったら一体リムルはどれほどの強さを得るのか予想つかないな。ともあれ攻撃した敵には相応の罰を。次巻に期待。

  • 柏バカ一代 さん

    シオン、ゴブゾウ達の遺体が痛々しい。 小説じゃ想像でしかなかったが、絵になるとリムルの怒りがよくわかる。 魔王リムル誕生まであと少し。

  • しましまこ さん

    次巻でよかったと言わせて。

  • イーダ さん

    ほぼシリアスオンリー。国を興すというのはかくも難しい事かと現実を突きつけられるリムル。そして、本当に国の内外から愛されてるなリムル。ヨウムがゴブタの事を「兄さん」と呼ばない事に違和感を感じてしまった私は病んでいるのかもしれないw

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

川上泰樹に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品