古墳殺人事件 昭和ミステリ秘宝 扶桑社文庫

島田一男

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784594035532
ISBN 10 : 4594035531
フォーマット
出版社
発行年月
2002年11月
日本
追加情報
:
16cm,529p

内容詳細

少年タイムス編集長・津田皓三の元に旧友の考古学者・曽根辞郎の訃報が届いた。多摩古墳群を発掘調査していた曽根が、その古墳の中で頭蓋を砕かれて殺されたというのだ。彼の遺した謎の詩は、誰を告発しているのか?船を模して建てられた奇怪な家を舞台に、津田の推理が冴える。考古学のペダントリィと怪奇趣味に彩られた『古墳殺人事件』に、義経伝説に取り憑かれた一族の間で発生する連続密室殺人に津田が挑む『錦絵殺人事件』を併録。後に「事件記者」で一世を風靡する著者が最初期に手がけた純本格ミステリ。

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
 デビュー当時の作者の作品の中では貴重な...

投稿日:2009/11/28 (土)

 デビュー当時の作者の作品の中では貴重な本格探偵小説。  後年、事件記者や鉄道公安官シリーズで多作なイメージの作者であるが、初心に帰って本作の様なぺダントリーやトリックを活用した本格物を発表してほしかった。

白塗りのサル さん | 神奈川県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ホームズ さん

    『古墳殺人事件』『錦絵殺人事件』。どちらもそれなりに楽しめたかな(笑)少し分かりにくい場面もあったけど(笑)特に『錦絵殺人事件』の方は登場人物が少し多くて途中ゴチャゴチャしてしまった感じがあった(笑)楽しめたので他の作品も読んでみようかな〜(笑)

  • ArenasR さん

    いやいいですよこういうの.トリック&謎解きそのものを楽しむ,というより,様式美を楽しむタイプの推理小説.ペダントリィ溢れるっていうのも,中途半端だと鼻につく面もあるかもしれませんが,ここまで行っちゃってくれてると爽快.謎の向こうのワンダーな世界のどこまでも,もうどうぞ連れていってください,という気分になります.堪能しました.

  • 渋谷英男 さん

    「古墳殺人事件」、「錦絵殺人事件」そんなに悪くなかった。☆2.5

  • kanamori さん

    ☆☆★

  • higashi さん

    愛すべき和風本格ミステリ。ヴァン・ダイン、小栗虫太郎直系なので、トリックがムリヤリくさいのもご愛嬌。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品