空の青さを知る人よ Alternative Melodies 電撃文庫

岬鷺宮

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784049128017
ISBN 10 : 4049128012
フォーマット
出版社
発行年月
2019年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
264p;15

内容詳細

音楽で天下を取る――そんな夢を抱く少年「しんの」は、なぜか上京したはずの「あの日」から13年後の未来で目を覚ます――過去と現在をつなぐ「二度目の初恋」の物語をもうひとつの視点から描くスピンオフ、登場。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • よっち さん

    なぜか上京したはずのあの日から13年後の未来で目を覚ました音楽で天下を取る夢を抱く少年「しんの」。そんな彼と大人になった慎之介視点で描かれる「空の青さを知る人よ」のもうひとつの物語。ストーリーの展開自体は額賀澪さんのノベライズ「小説 空の青さを知る人よ」(角川文庫)とほぼ一緒でしたけど、視点があおいから慎之介たちに変わったことで、あおい不在時のしんのの心理描写や慎之介の抱える葛藤、そして過去に向き合って再び前に進み、自らの想いを再確認してゆく姿が描かれて、同じ物語でもまた違った趣を楽しむことができました。

  • あなほりふくろう さん

    映画鑑賞済み、角川小説済み。しんの視点で語られるストーリーだけど、しんのもあおいも見つめる先が大して違わないので(劇中でもしんのはあおいをあんまりみていないw)オルタネイティヴな企画としては弱かったかなあ、という印象。角川小説と合わせての気づきはあったので、収穫はありました。

  • ぶなぶな さん

    映画見てきたのでこちらも。ミュージシャンを目指し上京するも、バックバンドという形に落ち着いた慎之介と、13年前の高校生の姿で生霊として現れた"しんの"の視点で描くスピンオフ。本編を見た時は個人的に、あおいとあかねの健気で強い姿が主に印象的だったので、慎之介としんのの思っていたことがより深く知れて嬉しい。二人の視点で本編を交互になぞりながらやがて二人は邂逅する。終わったと思っていた夢はまだ途中に過ぎないことに気づくのだ。しかし二人の視点も通すと、あおいの姉は、空の青さを知るあかねは本当に、凛としている。

  • ツバサ さん

    しんのと慎之介視点からみる、空の青さを知る人よ。映画で感情移入した2人なので、改めて良い男だと思いました。自分は13年前の自分に胸を張って、前に進んでいると言えるのか考えさせられます。

  • いりあ さん

    2019年10月に劇場公開される「あの花」、「ここさけ」に続く「超平和バスターズ」による映画「空の青さを知る人よ」の岬鷺宮氏によるノベライズです。映画版、額賀澪氏によるノベライズは相生あおい目線でしたが、本作では金室慎之介/しんの目線で描かれています。本編では雰囲気やちょっとした会話だけで済まされていた部分が描かれているので、物語の補完という点では良いと思います。「金室慎之介」が「しんの」ときちんと繋がっているんだということが分かります。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

岬鷺宮

第19回電撃小説大賞でデビューした作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品