コーポレート・ファイナンス CFOを志す人のために

岩村充

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784502467301
ISBN 10 : 4502467308
フォーマット
出版社
発行年月
2013年01月
日本
追加情報
:
261p;21

内容詳細

経営判断の軸となる「考え方」を学ぶ。ビジネス・スクール人気講義のエッセンスを集約。

目次 : 第1章 金融とは何か/ 第2章 株式会社とその資金調達/ 第3章 不確実性を理解する/ 第4章 投資家行動と資本市場/ 第5章 DCF法とEVA最大化問題/ 第6章 MM命題と最適資本構成/ 第7章 時間的不整合の問題と契約の役割/ 第8章 オプション理論/ 第9章 危機企業の金融問題

【著者紹介】
岩村充 : 1950年東京都に生まれる。1974年4月日本銀行に入る。ニューヨーク駐在、金融研究所などを経て1998年1月より早稲田大学教授。東京大学経済学部卒業。早稲田大学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • K.T さん

    大枚叩いて買ったけど、期待していたような内容には程遠く。やっぱりこういう本はamazonで買うんじゃ無くって、本屋さんで手に取って買わないといかんね。コーポレートファイナンスの手法について一通り以上の記載があるけど、その説明がかなり学術的で、実務家より経済学の専門家を目指す学生に対して書かれたような内容。今の自分が求めている物では全く無かった。WACCの算出、ひいてはCAPMの算出はマストであり、そこから定期的に企業価値を計算する事が大事なのかな。「道具としてのファイナンス」を再読しよう。★☆☆☆☆

  • 中年親爺 さん

    企業価値を最大値に引き上げることの意義を考える。その手法について語ってはいない。

  • okzb さん

    コーポレートファイナンスの教科書に出てくるテーマが異なる角度から説明されており非常に勉強になった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

岩村充

1950年東京都に生まれる。1974年4月日本銀行に入る。ニューヨーク駐在、金融研究所などを経て1998年1月より早稲田大学教授。東京大学経済学部卒業。早稲田大学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品