日本の妖怪百科

岩井宏實

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309228877
ISBN 10 : 4309228879
フォーマット
出版社
発行年月
2023年05月
日本
追加情報
:
240p;21

内容詳細

鬼、天狗、一つ目小僧、コナキ爺、河童、小豆洗い、海坊主、雪女、塗り壁、化け猫、ザシキワラシ…日本人はどのように妖怪を思い描いてきたか―たくさんの妖怪画と全国各地の言いつたえから、そのふしぎな世界がわかる。カラー図版多数!山から、水から、里から、屋敷からもののけ大集合!

目次 : 1 山の妖怪(妖怪とはなんだろう/ 鬼―人を恐れさせる鬼と人に恵みをもたらす鬼 ほか)/ 2 水の妖怪(妖怪と幽霊はどう違うのだろう/ 河童―川や沼にあらわれるなじみの深い妖怪 ほか)/ 3 里の妖怪(妖怪があらわれるのはどんな場所だろう/ 狐―稲荷神の使いも、いっぽうでは人を化かす ほか)/ 4 屋敷の妖怪(妖怪はいつあらわれるのだろうか/ 化け猫―尻尾の先が二つに分かれて魔力をもつ古猫 ほか)

【著者紹介】
岩井宏實 : 国立歴史民俗博物館名誉教授・帝塚山大学名誉教授。文学博士。1932年、奈良市生まれ。2016年逝去。立命館大学文学部卒業。大阪市立博物館主任学芸員、国立歴史民俗博物館教授、同民俗研究部長、大分県立歴史博物館館長、帝塚山大学教授、同学長などを歴任。専門は民俗学、民具研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 拡がる読書会@大阪 さん

    伝承や古典文学に出てくる鬼、天狗、河童、化け猫、ザシキワラシなどを沢山の資料とともに解説している本書。 人間の心理や概念から出てきたものが妖怪なのか、実在してその目撃例が妖怪なのか。多少の違いはあったとしても、よく似た事例が日本各地にあったりするのは不思議ですよね。 写真や画像がふんだんにあって大人も子供も読みやすいように作られているようです。由来や発生を改めて知ると面白いですよね。 https://note.com/sharebookworld/n/nd20daef42eec

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

岩井宏實

国立歴史民俗博物館名誉教授・帝塚山大学名誉教授。文学博士。1932年、奈良市生まれ。2016年逝去。立命館大学文学部卒業。大阪市立博物館主任学芸員、国立歴史民俗博物館教授、同民俗研究部長、大分県立歴史博物館館長、帝塚山大学教授、同学長などを歴任。専門は民俗学、民具研究(本データはこの書籍が刊行された

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品