CD&DVD51で語る西洋音楽史

岡田暁生

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784403250965
ISBN 10 : 4403250963
フォーマット
出版社
発行年月
2008年08月
日本
追加情報
:
21cm,206p

商品説明

CD&DVD51で語る西洋音楽史
岡田暁生

グレゴリオ聖歌からハリウッド映画音楽まで——
作品や史実のみならず、斬新な切り口で作曲家、指揮者、 演奏家をも語る。
新たな視点からの西洋音楽史入門! A5変並製

【まえがきより】
音楽体験とは常に、「過去とのコミュニケーション」でありたい。音楽に機能主義的な完璧さを求めるモダニスト。巨匠の大振りな演奏との出会いを渇望する復古主義者。クラシック音楽の解釈はコラージュないし異化という形でのみ可能だと感じるポストモダニスト。どの方向の演奏もそれなりに楽しもうとする折衷的な教養主義者。もちろん、解釈の方向性などどうでもいいと思う人もいよう。だが快原理のみにひたすら従う脱歴史イデオロギー的な聴き方もまた、ポストモダン以後の音楽状況を特徴づける一つの歴史的態度だろう。プレトニョフのしっちゃかめっちゃかなベートーヴェンを聴いて、それを面白がるのも、苦々しく舌打ちするのも、どちらも音楽史への態度表明なのだ。——岡田暁生

岡田暁生(おかだ・あけお)
1960年、京都生まれ。大阪大学文学部博士課程単位取得退学。ミュンヘン大学およびフライブルク大学で音楽学を学ぶ。現在、京都大学人文科学研究所准教授。文学博士。『〈バラの騎士〉の夢』(春秋社、1997年)でデビューし、『オペラの運命』(中公新書、2001年)でサントリー学芸賞を受賞。そのほか『西洋音楽史』(中公新書、2005年)、『恋愛哲学者モーツァルト』(新潮選書、2008年)などの著書がある。

内容詳細

目次 : コーエン指揮/ボストン・カメラータ『地中海のクリスマス』/ シロス修道院合唱団『グレゴリアン・チャント・ベスト』/ ヴェラール&ボナルド『新しい歌―中世盛期のラテン歌曲集』/ ヒリヤード・アンサンブル『神が宿った汝の口づけ―ペロタンの時代』/ マンロウ指揮/ロンドン古楽コンソート『ゴシック期の音楽』/ オルランド・コンソート『フィリップ・ド・ヴィトリとアルス・ノヴァ』/ メイソン指揮/クレマンシック・コンソート『ノートル・ダム・ミサ―中世のマリアの祝日』/ ヒリヤー指揮/ヒリヤード・アンサンブル『ザ・ヒリヤード・アンサンブルの芸術』/ アンサンブル・クレマン・ジャヌカン『ジョスカン「パンジェ・リングア」』/ アンサンブル・クレマン・ジャヌカン『ブリュメル「見よ、大地が多く揺れ動き」』〔ほか〕

【著者紹介】
岡田暁生 : 1960年、京都生まれ。大阪大学文学部博士課程単位取得退学。ミュンヘン大学およびフライブルク大学で音楽学を学ぶ。現在、京都大学人文科学研究所准教授。文学博士。『「バラの騎士」の夢』(春秋社、1997年)でデビューし、『オペラの運命』(中公新書、2001年)で、サントリー学芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • らら さん

    岡田暁生さんの本が好きで読んだけど、実際のCD/DVDがないと、理解が半端になってしまう感じ。読み物としては面白いんだけど。全部揃えて、読めたら、2倍も3倍も面白いんだろうなと思う。

  • Armadillo Hidaka さん

    ★★★☆☆

  • もけうに さん

    全くの初心者向けではなく、ある程度知識がある人向けだけれど、文章が面白いので、一気に読めてしまいます。

  • LucasKBOS さん

    本書は名曲集でなく、西洋音楽史の本ですのでエポックメイキングとなる音楽を時系列で紹介しています。 現在ではYOUTUBEがあるので、各々の曲を本書をめくりながら聴くと楽しめます。アラビアを含む地中海聖歌、グレゴリオ聖歌から始まりベートーヴェンまでの時代をカバーしています。 PSこの人、文章が上手いです。

  • ユーディット さん

    題名から語学のテキストみたいに、解説にあったCDとかDVDが付いてるのかと勘違いしたら、このCD聴け!という紹介だった。ちょっと騙された気分。 音楽を歴史的にとらえて聴いてみよう。西洋音楽の歴史の本だからCDカタログじゃありません。もっと有名な曲とか演奏とかありますが、音楽史が分かりやすい物を紹介しています。という考え方はよく分かる・・・・んだけれども・・・続き:http://tutto-italia.seesaa.net/article/385325433.html

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品