愚直に、考え抜く。 世界一厄介な問題を解決する思考法

岡田光信

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478101148
ISBN 10 : 4478101140
フォーマット
出版社
発行年月
2019年07月
日本
追加情報
:
200p;19

内容詳細

コスト度外視で「現場」に行く、効率化の本質は、全選択肢にあたること、自由に発想するために難しい道を選ぶ…愚直に「方法」を与えると、世界で突き抜ける思考の型になる。世界が注目する「宇宙ベンチャー」CEO、初の著書。

目次 : 自分を超えつづけるための方法論はある/ 第1章 夢想力(未来は予測しない。未来はつくる/ 「あるべき姿」を自由に考える/ 「あるべき姿」を高める ほか)/ 第2章 孤考力(ひとりで考える。ひとりで考え抜く/ 「親課題」を決め、モレのない成立解をつくる/ 思考する「型」をつくる ほか)/ 第3章 広動力(広く動く。すべての「局地戦」に勝つ/ 一次情報に接する/ 全選択肢にあたり、課題を進化させる ほか)

【著者紹介】
岡田光信 : 株式会社アストロスケール創業者兼CEO。1973年、兵庫県神戸市生まれ。1995年、東京大学農学部卒業。1997年、大蔵省(現財務省)主計局に入省。2001年、パデュー大学クラナートMBA取得。同年マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。2004年、ターボリナックス(Turbolinux)CFOに就任し、一時的な金融機関勤務を経て、2009年、携帯電話の通信インフラ・サービスを手掛けるSUGAOを創業、2012年には、シニア向けお手伝いサービス「まごころサポート」を行う介護事業会社MIKAWAYA21を共同創業。2013年、宇宙ベンチャー、アストロスケール(Astroscale)を創業。英国王立航空協会フェロー(FRAeS)、国際宇宙連盟(IAF)委員、世界経済フォーラム(ダボス会議)宇宙評議会委員等を兼務。Forbes JAPANが選ぶ「日本の起業家ランキング2019」第1位、世界経済フォーラムテクノロジーパイオニア賞2017など、受賞多数。また、アストロスケールの事業モデルは、ハーバード・ビジネス・スクールの教材として2回選出されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • planetmbit さん

    とても熱量高く、逃げず考え抜く姿勢が徹底的に伝わってきてかなり参考となるとともにエンジン再始動させてくれる一冊となりました。個人的にとても良書です。局所戦に徹底的に勝ち続けるについて実践せねばです。

  • チャー さん

    著者の宇宙ビジネス立ち上げの経緯や、その際に遭遇した様々な問題点をどのような手法で解決してきたかを紹介した書。知識が無い状態から糸口を掴み前に進む方法が具体的に記されており、手の付け方の参考になると感じた。課題に対する解決策になりそうな選択肢をとにかく上げ、それぞれの選択肢全てに対してアクションをとる。解決策が増えれば何も無い状態よりは落ち着く。行動することで成功しそうかどうかの濃淡が見える等参考になる。とにかく整理して構造化し書く事をしないと思考は雲散霧消する。課題を細かく分類し、可能性を見極める。

  • 復活!! あくびちゃん! さん

    この本もタイトルに騙されたかな(笑)。この方の事業は素晴らしいし、行動力も素晴らしい。特に、事業を進めていくための課題を全て書き出し、それを全てつぶしていくところ。普通はある程度当たりをつけてやっていくものだが、そこが元コンサルらしくなく、その泥臭い行動力(ほめ言葉です)に驚いた。ただ、この本はいただけない。無理やり200ページにしようとしているかのようなレイアウトで、普通の体裁にすると多分半分以下のページ数になるだろう。情熱的な言葉は並ぶが、中身がないと思う。しかし、事業の素晴らしさは変わりありません。

  • のりたまご さん

    「スペースデブリ」という言葉も正直、知りませんでした。 それから、子どもの「宇宙」の図鑑を一緒に見たりしています。 「チャレンジは、若者の特権ではない」 「一人で考える。一人で考えぬく」 「全選択肢にあたる」 力強い言葉がいくつも散りばめられています。

  • ハローサン さん

    東大、大蔵省、マッキンゼー、IT起業を経ての宇宙ベンチャーを立ち上げる。華々しい経歴に見える一方で本人はいつも方向性の定まらない自分に焦りと苛立ちを覚えていたという。そのような著者がコネなし、業界知識なし、技術力なし、元出は2000万円、しかも40歳からという一般人から見れば無謀という状況のなか、宇宙のゴミ除去サービスの会社を立ち上げ、事業を進めてきているノウハウが詰まっている。"夢想力"、"孤考力"、"広動力"という3つが重要だという。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

岡田光信

株式会社アストロスケール創業者兼CEO。1973年、兵庫県神戸市生まれ。1995年、東京大学農学部卒業。1997年、大蔵省(現財務省)主計局に入省。2001年、パデュー大学クラナートMBA取得。同年マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。2004年、ターボリナックス(Turbolinux)CFOに就

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品