万華鏡大全 基本のしくみから映像、ミラーシステム、作り方まで万華鏡のすべてを網羅した決定版

山見浩司

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784416714010
ISBN 10 : 4416714017
フォーマット
出版社
発行年月
2016年09月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
159p;26

内容詳細

基本のしくみから映像、ミラーシステム、作り方まで万華鏡のすべてを網羅した決定版

世界的に活躍し、万華鏡の世界大会でも4度グランプリを受賞している日本の万華鏡制作の第一人者である著者が、万華鏡のしくみ制作方法など「万華鏡のすべて」を紹介します。万華鏡のしくみを知りたい方、作ってみたい方、そしてワンランク上の作品を作りたい方、ガラス工芸に親しんでいる方など、あらゆる万華鏡愛好家におすすめ
の1冊です。

【著者紹介】
山見浩司 : 万華鏡作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ちはや@灯れ松明の火 さん

    幾千万の花が一斉に咲いては散って、また新たな花が咲く刹那のひかり。小さな筒の向こうに映るきらめきに魅せられた記憶がよみがえる。親しみやすいおもちゃから、発想と技術を駆使した芸術へ、万華鏡は一歩を踏み出したばかり。鏡に囲まれた多角形内の世界が無限に拡がり、色づいたガラスの欠片たちが光を集めては透きとおった模様を描く。ステンドグラスや有田焼でできたボディ、セルやワンドの海に揺らめくオブジェクト、日常風景をパノラマに変える透明な球体。一つとして同じものはない万華鏡の中でだけ咲く、二度と見ることは叶わない幻の花。

  • 501 さん

    本書を開くとまず活躍する万華鏡作家の作品に魅せられる。自分の知っている万華鏡の映像とは別次元の美しさ。続いて万華鏡の基本的な仕組みや種類を解説し、本書メインの万華鏡の作り方へはいる。読んでいる横から本を覗いた自分の子供から、パパはこんなのは作れないでしょ、といわれ、まったくもって反論できないのだが、作れたら面白いだろうな。

  • 蘇芳 さん

    小学生の自由研究のイメージが強すぎて、冒頭の世界の万華鏡プロみて仰け反った。いや、これハマるよ。

  • みかりんご。 さん

    【図書館】筒の中を覗けば一期一会の煌めく世界が広がる万華鏡。その基本の仕組みや作り方、種類などを徹底解剖!◆万華鏡作家の紹介 / 映像 / 仕組み / 作り方を豊富な写真や図とともに詳しく紹介しているので、万華鏡好きには堪らないだろうなあ。鏡を張り合せる角度により映像は異なるので、好みのミラーシステムがどのタイプかを知ることも可能。私はスリーミラー直角三角形(内角30度、60度、90度)と、ツーミラー二等辺三角形(頂角15度)かな? 舞妓さんをモチーフにしたシリンダースコープを覗いてみたい!

  • うめにゃん さん

    気になっていた万華鏡の種類が分かって良かった! テーパードミラーのテーパードスコープ‼︎ 色々なタイプの万華鏡の作り方が載っていたけど、やっぱり完全自作は難しそうだ(^^;;

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山見浩司

万華鏡作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

アート・エンタメ に関連する商品情報

おすすめの商品