フランスの外交力 自主独立の伝統と戦略 集英社新書

山田文比古

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087203103
ISBN 10 : 4087203107
フォーマット
発行年月
2005年09月
日本
追加情報
:
18cm,219p

内容詳細

GDPでは日本の半分以下のフランスが、国際社会で存在感を保ち、自主独立外交を展開できる秘密はどこにあるのか。その実像と国家戦略を、様々な具体例を挙げながらわかりやすく論じる。

【著者紹介】
山田文比古 : 1954年福岡県生まれ。1977年フランス・ストラスブール政治学院留学。1980年京都大学法学部卒業後、外務省入省。1981年フランス国立行政学院(ENA)留学。2000年外務省欧亜局西欧第一課長。2002年フランス国際関係研究所(IFRI)客員研究員。2003年より駐フランス公使(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ねこ さん

    非常に興味深いフランス外交の詳述でした。フランス外交の近代からの歴史を振り返るとともに、イラク戦争というものを主眼としながらフランスがどう世界と向き合って来たのかが分かりました。個人的にちょいちょい出てくるコラムが面白くて好きでした。

  • 怠 さん

    思っていた以上に覇権的です。フランス語圏の北アフリカ諸国では宗主国としての影響力を行使し、圧倒的な経済力をもつが政治的にハンディがあるドイツを抱き込み欧州での覇権を築き、軍事産業に力を入れて、米国やロシアとも色合いの異なる第三の立ち位置を確保。日本に居ると米国、ロシア、中国などの文字通りの大国に関する情報は良く入るけれど、ちょっと盲点でした。国際政治って本当に微妙なバランスの上に構築されているのだな、と改めて思いました。

  • ginkan2 さん

    15年ぶりの再読。第二次世界大戦でドイツに屈し、米英から解放してもらったという屈辱と負い目。このためにヨーロッパとアフリカを足場と定め、それをテコに自主独立外交を進めてきたんですね。何も自分で決められなかった過去と決別し、自国のことを自国で決められるように、冷徹に外交を進めてきた意志を感じました。 「同盟すれども同調せず」ですね。

  • 芸術家くーまん843 さん

    アルジェリアにフランスは積極的に関わっている。北アフリカはフランスとも関係が深い。国際社会の中で、経済的にもそれほどまで大きくないフランスが、なぜ外交力を発揮できるのか。・フランスは、摩擦をものともせず、自らの信念と国益にしたがって、孤高の外交を貫いているかのように見える。この点で、フランス外交は生半可な国際協調主義とは対極の位置にある。・どうしてフランスはそれが可能なのか。核保有国、国連安全保障常任理事国、ヨーロッパの中元に位置する地政学的優位性、アフリカなど旧植民地諸国との密接な関係、フランス語とフラ

  • ニール・フィレル さん

    フランスの外交手腕を紐解く本。フランスはなぜアメリカにノーといえるのか。カードの切り方がうまいのか。読み進めていると、フランス外交の強さと同時にフランス外交の問題点も見えてくる。日本に今必要なのは同調することのない同盟を組める外交力ではなかろうか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山田文比古

東京外国語大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品