山田悠介 (小説家)

人物・団体ページへ

この商品の関連特集

俺の残機を投下します

山田悠介 (小説家)

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309028996
ISBN 10 : 4309028993
フォーマット
出版社
発行年月
2020年07月
日本
追加情報
:
379p;19

内容詳細

すべてを捨てて世界一のプロゲーマーを目指す一輝。しかし30歳を目前にして成績は振るわず徐々に心も荒んでいく。ところが、そんな悩める一輝の前に謎の三人組が現れた。当初、一輝は不信感を露わにするが、彼らの命を賭けた切実な想いが少しずつ一輝の凍った心を溶かしていく。元妻の結衣や一人息子の晴輝との絆を取り戻し、eスポーツワールドカップで奇跡の快進撃を見せるのだが…そこに待ち受けていた最大の危機。はたして一輝は愛する人たちを守れるのか?そして最後に選んだ一輝の答えとは?大ヒット『僕ロボ』から3年。奇跡と感動の最新作!!

【著者紹介】
山田悠介 (小説家) : 1981年生まれ。2001年デビュー作『リアル鬼ごっこ』がミリオンセラーになる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • starbro さん

    山田 悠介は新作中心に読んでいる作家です。本書は、近未来eスポーツ残機ファンタジー、ベタですが、感動作でした。本書で、『残機』という言葉を憶えました。 優れた『残機』が存在していたら、人間はどんどん堕落するんでしょうね。 http://www.kawade.co.jp/zanki/

  • 如水 さん

    “プロ”ゲーマーを題材にした小説を読むのは始めてなんじゃないだろうか(ゲーマーの漫画、小説はあったとしても)?と思う位新しい御話しですね。表紙にまず惹き付けられます。ストーリー的には最初、主人公に💢を感じる人も多いかもしれませんが、本人が『もうゲームオーバーなんだよ』と言ってから本当の物語が始まる…見たいな?其処からの話があっっっつい‼️そして最後にちょっと主人公と共にゾッとします😅キーは『残機』ですね。残機とは何を表すのか?投下するのは必然?自然?少し未来(2030年)の物語は中々オツな一品です👍

  • ちー さん

    久々の山田悠介さん。APEXの試合やってるの見て、eスポーツタイムリーだし、読んでみるかと手に取りました。崖っぷちクズゲーマーが再起をかけて、ワールドカップに挑む!というお話。最後はちょっと感動があって、面白いと思います。ただ設定がどうしても受け入れられず、私には合わなかったです。小説にリアルは求めないのに、なぜこんなに…と自分でも不思議です。理由:年齢だったら嫌だな。

  • けい さん

    youtubeの広告で気になり購入。PV梶さんと花澤さんとかめちゃめちゃ豪華!表紙も文字が浮き出てたり凄い格好いい!山田悠介さんの新作ということで、リアル鬼ごっこは読んだんですけど他は読んだこと無かったので2作目です。人気も実力も下がり続けるプロゲーマー一輝と一輝の"残機"だという3人、そして家族との掛け合い。面白い。想像以上にSFでした。

  • みち さん

    ダイゴやハルノブといった残機、一輝一家の今後などもう少し踏み込んで欲しいなあと思うものの、おもしろかった。「その時までサヨナラ」と同じ感じ、苦しみながら人生の底から這い上がっていく。最後の奥さん結衣の離婚届出してないには思わずニンマリ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山田悠介 (小説家)

1981年生まれ。2001年デビュー作『リアル鬼ごっこ』がミリオンセラーになる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品