それでも歩は寄せてくる 1 KCデラックス

山本崇一朗

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065161050
ISBN 10 : 4065161053
フォーマット
出版社
発売日
2019年07月12日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
144p;19

内容詳細

「からかい上手の高木さん」山本崇一朗が描く超尊い将棋ラブコメ!この恋、詰むや詰まざるや…?将棋の初心者・田中歩は部長の八乙女うるしに勝って告白したい。棋力は程遠いけれども、ぐいぐい攻めてくる歩の姿勢に別の意味でセンパイは“詰む”かもしれない…というお話。

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • トラシショウ。 さん

    「お前・・・私の事好きだろ」「それはどうですかね」「なんでいつもそこは素直じゃないんだお前は!」。部長の八乙女うるし(高二)と部員の田中歩(高一)の二人しかいない(自称)将棋部部室では、今日も二人の指す将棋の駒の音が響く。ポーカーフェイスなのに割とダイレクトな褒め殺しをしてくる歩に動揺しっぱなしなうるしと、将棋に勝ったら告白すると決めているので迂闊に好きとは答えられない歩、キミはどっちを応援する!(違)──「からかい上手の高木さん」作者がTwitterに不定期更新していた作品の書籍化(以下コメ欄に余談)。

  • 銀の星 さん

    読了。作者がTwitterで描いていた漫画がまさかの連載化。連載化という事もあり本格的に漫画として描かれており、殆どがTwitterで上げられていたのと同じ内容ではありますがちゃんと加筆されていて大変面白いです。この漫画の見所は何よりもセンパイが可愛いこと。この一点に尽きるかと。同作者の別作品である高木さんとは別で攻められている側ですが、だからこそ常に安定供給される可愛さに悶絶です。BWで購入したので特典でデジタルピンナップが貰えましたが、そこでもあるように「んあっ!?」が果てしなく可愛い。次巻も楽しみ。

  • むっきゅー さん

    高木さんの逆バージョンで、センパイが将棋部の後輩くんから攻められるパターン。後輩くんは、どう見てもセンパイの事が好きなんだけど、将棋で買ってから告白すると誓っているので、好きだということは絶対に言わない。二人しかいない部活。二人の会話だけで進む、二人しか出てこない作品。そんなラブコメですね。

  • るぴん さん

    高木さんの逆バージョンに近い感じだけど、もう少し大人かな。この作者さんは恋愛心理合戦を描くのが上手いなぁ。後輩・歩くんのポーカーフェイスが笑える。

  • レリナ さん

    先輩可愛すぎる。この先輩と後輩の関係性が素晴らしい。付き合っちゃいなよ、言いたくなるが、この絶妙な距離感がこの漫画の魅力なので、ずっと見ていたくなる。セリフまわしが素晴らしいので、何回も読み直しそう。先輩と後輩が繰り広げる盤外戦ラブコメ。将棋をしながら繰り広げられるラブコメは極上。ニヤニヤが止まらない。これから彼らの関係は進展していくのだろうか。このままの関係でもいいし、進展してもいいし。うーん、悩ましい。長く続いてほしい、一押しのラブコメが出てきたな。次巻に期待。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品