ヘンリー、人を癒す 心の扉を開けるセラピー犬

山本央子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784904117293
ISBN 10 : 4904117298
フォーマット
発行年月
2007年11月
日本
追加情報
:
19cm,277p

内容詳細

シェルター(飼い主のいない動物の収容所)に保護されていた野良犬と、ニューヨークで暮らす日本人女性との出会い。厳しいしつけと不服従、公園での批判や孤立。苦しくつらい道を経て、ヘンリーを誰からも愛される犬に育て上げる筆者。思いもよらずセラピー犬へと成長したヘンリーとともにはじめたボランティア活動が、さまざまな出会い、人間の心が作り出す可能性、動物の存在がもたらす恩恵のすばらしさを、教えてくれる。

目次 : 1 出会い/ 2 ヘンリーの訓練/ 3 ボランティア志願/ 4 いよいよ訪問活動/ 5 ウィー・ラブ・ヘンリー/ 6 課外活動/ 7 アニマル・セラピーを支える人たち

【著者紹介】
山本央子 : デルタ・ソサエティ認定セラピー・アニマル・ハンドラー。1989年渡米。1993年よりデルタ・ソサエティ会員。1994年より、愛犬ヘンリーとともに認定チームとして、様々な動物を介在させるプログラムに参加し、感謝状、特別プログラム賞などを授与される。1995年よりアメリカ動物虐待防止協会にて、家庭犬、セラピー犬のトレーニングに従事。1998年〜2000年まで、ペット・パートナー・プログラムニューヨーク地区のプログラム顧問を務め、ボランティアの育成指導に従事。2001年ヘンリーとともに帰国。2005年6月にヘンリーが亡くなるまでともに訪問活動を行う。現在は、フリーランスで問題行動のカウンセリング、セミナー講師、大学・専門学校などで若い専門家の育成・指導に従事。家庭犬育成指導。ヤマザキ学園動物専門学校、ヤマザキ動物看護短期大学、帝京科学大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山本央子

大森海岸やまもと眼科内科院長。幼稚園より14年間を学習院で学び、学習院女子高等科卒業後、聖マリアンナ医科大学に入学する。同校卒業後、昭和大学大学院臨床眼科入学。2006年に日本眼科学会専門医の資格を取得、2007年に医学博士号を取得する。「地域に根ざした医療」を信条に、眼科専門医として幅広い症状に対

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品