終わりのセラフ 21 ジャンプコミックス

山本ヤマト

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088823218
ISBN 10 : 4088823214
フォーマット
出版社
発売日
2020年06月04日
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
鏡貴也 ,  
シリーズ
:
追加情報
:
196p;18

内容詳細

囚われの優一郎の前に、グレンが現れるが、拘束を解こうとしない。ミカエラの前には真昼が現れ戦闘に! そして優一郎とミカエラを見つめるノ夜…。グレンを信じる優一郎だが、ミカエラと共に逃走を決意して…!?

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • レリナ さん

    優とアシュラ。鬼の力を奮い、グレンへと立ち向かう、優とミカ。二人の絆は果たしてどこに向かうのか。激闘の果てに迎えた戦いの結末。吸血鬼とは何なのか。世界の破滅を防ぐ手立てはあるのか。優のチームがこういう時に助けに向かって来る。こういう時に仲間がいるのは頼もしいね。アシュラの記憶が戻る時に何かが起こる。戦いも世界もまだ未知の部分が多いけど、この作品の持つ魅力は十分伝わっているので、この戦いの結末を読者として、見守り続けたい。鬼、吸血鬼、人間。魅力的なワードと終末感。今後も楽しめそうだ。次巻に期待。

  • はる さん

    鬼となったグレンが強いな真昼さんも戦ってるし優もグレンとは違った感じで強くなったし最後の兄妹の再会に続きが気になる所面白かった

  • にゃうぴょん さん

    事態が混沌として世界を救うのはどの道なのか、クルルと再会するのも、誰の筋書きかも謎が多くて続きが楽しみです。

  • D-suke さん

    ★★★★★ 感想あげ忘れてた 今回もめちゃくちゃ面白かった 終わりのセラフの謎ばら撒いていく感じや戦闘シーン、世界観ほんと好き 優のアシュラ観音カッコ良かった。真祖に近い感じ 今回も状況がやばすぎて発狂した 頼むグレンさすがに無事でいてくれ おまえほんと、めちゃくちゃいいやつなんだから… 最後にクルル登場で次巻も楽しみ

  • 優@低浮上 さん

    今回もめちゃくちゃ良きでした。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

山本ヤマトに関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品