かわいい夫 河出文庫

山崎ナオコーラ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309417301
ISBN 10 : 4309417302
フォーマット
出版社
発行年月
2020年02月
日本
追加情報
:
256p;15

内容詳細

会社のように役割分担するのではなく、人間同士として純粋な関係を築きたい。布で作った結婚指輪、三回手を振る毎朝の見送り、流産、父の死、そして再びの妊娠…書店員の夫との日々の暮らしが作り出す、二人だけの結婚のかたち。読むだけで心が自由になる、話題の“愛夫家”エッセイ!

目次 : 1(かわいい夫/ 夫の良さが減る/ 勝ち負け/ まあ、あきらめるか/ ファン ほか)/ 2(一年後)(納骨/ スイカ/ ミニトマト/ 穴は永遠に空いたまま/ 愛夫家 ほか)

【著者紹介】
山崎ナオコーラ : 1978年、福岡県生まれ。2004年、会社員をしながら書いた『人のセックスを笑うな』で第41回文藝賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • フユコ さん

    ゆっくりゆっくり読んだ。すごく楽しかった。私も自分の葬式はしたくないなぁと思っているので、それでも全然いいって、そう思う人もいていいんだって肯定された感じがして楽になりました。

  • Inzaghico さん

    二人暮らしで(途中からは三人暮らしになる)日々の生活の小さな楽しみ、喜びを二人で分かち合う様子は、ほほえましく、こういうささやかだけど大切なことがわかっている夫婦に、温かな気持ちになる。ほころび始めた花を見ては、梅かな、桜かな、と言い合い(もうすぐ素敵な季節になるね、という含意があるので、花はどちらでもいい)、お弁当をつくって近所の公園でピクニックをしたり(このとき、互いがもってきた本のチョイスがどうよ、と言い合うのが傍から見ていておかしい、だってどっちもどっちなんだもの 笑)。

  • しばこ さん

    ナオコーラさんのエッセイ読むのは2冊目。 フラットで、意見をきちんと持っていることがよく伺える。自分と共通する考えも、なるほどなと思える部分も、それはどうかなと思うところももちろんあって、一つ一つが短く読みやすいとあって、楽しくよみおえました。

  • ひいろ さん

    ★★★

  • 葉鳥 さん

    エッセイがおすすめと聞き、初の山崎ナオコーラさん。『かわいい夫』というタイトルからほのぼの家族エッセイを想像していたが、少し違った。自分の考え方がはっきりとしていて、自分たち夫婦と周りや一般的な家庭を比較しないところに好感が持てた。自分たちが納得して満たされている生活に周りが固定観念を押し付けてくるのが、本当になんだかなあ。歌舞伎のイヤホンガイドの話が好きだな。旦那さんの「立派な芸だよね」という一言に人柄の良さを最も感じた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山崎ナオコーラ

作家。現在は、子ども二人と、書店員のパートナーと共に、東京都のいなかの方に住みながら執筆を行う。性別非公表。2004年、『人のセックスを笑うな』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品