マーケティングの仕事と年収のリアル

山口義宏

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478102527
ISBN 10 : 447810252X
フォーマット
出版社
発行年月
2018年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
295p;19

内容詳細

マーケターとして納得できる仕事が見つかる!就職、キャリアアップ、転職、独立の戦略を受ける1冊。

目次 : 第1章 めざせ、年収1000万円超え!マーケティングの仕事と業界構造(年収1000万円を超える人、超えない人の違いとは?/ 「マーケティング」とは何か? ほか)/ 第2章 マーケティング職には6つの成長ステージがある(キャリアステージ1:マーケティング業務の見習い―専門用語や基礎概念を理解する/ キャリアステージ2:特定業務の担当者(ワーカー)―専門知識と業界トレンドを血肉化する ほか)/ 第3章 スペシャリストのキャリアをつくるアラサーの決断(ステージ3までに実績か独自スキルを磨く/ キャリア構築は、3年をメドに臨機応変に見直す ほか)/ 第4章 スペシャリストを極めるか、マネジメントに移行するか。それが問題だ(スペシャリストが避けられない加齢というリスク/ マーケティングのマネジメント職は、ライバルが少ない ほか)/ 第5章 キャリアを築く具体的な7つのパターン(キャリア構築をめざす代表的な7つのルート/ 事業会社を軸としたキャリア構築 ほか)

【著者紹介】
山口義宏 : インサイトフォース代表取締役。東京都生まれ。東証一部上場メーカー子会社で戦略コンサルティング事業の事業部長、東証一部上場コンサルティング会社でブランドコンサルティングのデリバリー統括などを経て、2010年にブランド・マーケティング領域支援に特化した戦略コンサルティングファームのインサイトフォース設立。大手企業を中心にこれまで100社以上の戦略コンサルティングに従事している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ひろ さん

    あっぱれな本で、すべてのひとに通じる内容。キャリアを6つの成長ステージに段階分けし、必要なマインドセットとスキルが説得力ある論で展開されている。単なる「損か得か」の二分法ではなく、仕事における幸せには「個別解」があるとの考えに、人間臭さがあってよかった。私は新卒1年目なので、目の前の仕事に対してしっかりコミットし成果を出すことに注力したい。この先危機に直面しても落ち着いてリカバリすること。成果の出ない要因を安易にスキル・知識不足に求めないこと。2019年は「仕事で成果を残せた」と胸張って言いたいなあ。

  • ア→ル さん

    マーケの仕事に興味を持ち読んでみました。 基本的には今マーケ職の人がどう立ち回っていくのか?について書かれていました。ただ事業会社と支援会社の違いで書かれてた点は新しく参考になりました。 中途向けのも描いて欲しいです

  • yyhhyy さん

    中規模広告代理店平社員から見て本書のヒアリング内容は実感とズレがない。何故か人気のある職種でレッドオーシャンだが、常に上手く生き残っている人はいるから、本書の類型を中心に色々な生き残り方はあるのだろう

  • Naohiko Oikawa さん

    長年マーケティングの世界に携わってきたためか、この世界の中でのキャリア構築についてアドバイスを求められることがしばしばあるのですが、これがなかなかの難題でした。 この世界は、領域×レイヤーが多様なので、その俯瞰的な整理を共有しないで、個々のスターの成功談だけを紹介しても、実質的なアドバイスにはならないと感じておりました。 この本で、山口さんが、見事にこの俯瞰的な整理の仕事をしてくれました。 「年収」を強調し多少キャッチーにしてはいますが、実は、極めてバランスの良い整理と本質的なアドバイスに満ちた良書です。

  • Aki さん

    よくここまで網羅的に説明できるなと感心してしまった。自分は支援会社のステージ3くらいだけど当てはまるポイントが多々あり、状況を俯瞰するのに役立った。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品