この商品の関連特集

エヴァンゲリオン ANIMA 1 電撃ホビーブックス

山下いくと

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784048933728
ISBN 10 : 4048933728
フォーマット
出版社
発行年月
2017年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
296p;19

内容詳細

もしも人類補完計画が発動しなかったら? あれから3年、碇シンジ17歳。

「もしも人類補完計画が発動しなかったら……?」TVアニメ第24話「最後のシ者」から分岐した3年後のifストーリー。電撃ホビーマガジンにて連載された人気小説連載が、長い沈黙を破りついに単行本化!

【著者紹介】
山下いくと : 1965年生まれ。岐阜県出身。メカニックデザイナー、漫画家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まるぼろ さん

    2007年-2013年まで電撃ホビーマガジンにて連載されていた作品で、旧劇エヴァの最終決戦にて人類補完計画をシンジが瓦解させた世界での、その3年後から始まるお話です。今巻は第壱章の終わりまで、人類補完計画のやり直しを勧告するアルマロスが出現し、それから…と言う所までのお話です。言ってしまえば公式が連載、発売したIF小説なのですが、公式でも書く人によってエヴァの方向性が変わるのは今に始まった話ではないので、個人的にはこういったSF全開なエヴァも嫌いではありません。→

  • AKF-ZERO さん

    TVシリーズ終了後のシンジによって人類補完計画が阻止された世界の三年後のif物語。残念なのは雑誌掲載時キャラデザ担当だったうたたねひろゆき氏のイラストが全くないこと。氏の繊細で色っぽいイラストはメッチャ好きだったんですけどね…。イラストは作者である山下氏ですが、悪くはないんですが、違和感が何とも拭えず…。挿絵はエヴァばかり。ただ物語りとしては中々面白いです。十七歳に成長したシンジやアスカが人間味があって、新劇場版よりこちらの方が好ましいです。ちなみに綾波クローンが四人います。おや?委員長の様子が……。

  • 真白優樹 さん

    恐らく多くの人々がその名を耳にしたことがあるであろう人類補完計画。では、もしその計画が変容していたら、その計画が防がれたとしたら? そんな誰もが一度は夢想したかもしれない、だが誰も知らない世界。そんな世界で戦いから三年、世界の危機から遠ざかっていたシンジ達へと新たな脅威が襲い来るこの物語。まさに変身、それどころか進化と言っても過言ではない変貌を敵もエヴァも遂げ、更に世界が色を増す中、新たな巨人が目を覚ます。誰も見た事無いエヴァを見たい読者様にはお勧めできる、そんな物語である。 次巻もこのまま読んでいこう。

  • るか さん

    人類補完計画が発動しなかったifの物語ですがチルドレン達が成長していたり綾波が4人いたりと中々にカオスな登場人物達とカオスすぎるストーリー。4人の綾波達に自我が芽生え更には倒したはずの量産型エヴァや新たな敵?も現れ地球規模での災害に息をつく暇もありませんが個人的には嫌いではありません。1巻の時点では救いが全く見当たりませんが他人と関わっていく事を選んだシンジの選択がどのような結末を迎えるのかは楽しみです。ちょっと大人になったアスカは格好良かったですしヒカリが近くにいないことも何かあるのかと妄想は広がる。

  • 義理亭(ギリテイ) さん

    人類補完計画が行われなかった世界の物語、待ちに待った単行本化ですが、うたたねひろゆきさんの絵がないというのには自分も残念。内容はアニメ映えしそうな話しで、てかスパロボにも出そうな感じの世界観。 周りの人と同じく、何と戦ってるんだろうという感じですが最後まで読み進めてみないとわからないですねこれ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山下いくと

1965年生まれ。岐阜県出身。メカニックデザイナーとして『新世紀エヴァンゲリオン』シリーズなどに参加。漫画家としても作品を発表している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品