ONE PIECE 66 ジャンプコミックス

尾田栄一郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784088704166
ISBN 10 : 4088704169
フォーマット
出版社
発行年月
2012年05月
日本
追加情報
:
215p

内容詳細

因縁の過去を払拭し、魚人と人間に新たな絆は生まれるのか!? 魚人島編最高潮!! そして一味は遂に最後の海「新世界」へと帆を進める!! どんな冒険が待つのか!? “ひとつなぎの大秘宝”を巡る海洋冒険ロマン!!

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
第647話”止まれノア”の海王類、迫力あり...

投稿日:2021/07/07 (水)

第647話”止まれノア”の海王類、迫力ありますね…かわいいです。ノアを破壊しなかったのも良かったです。第648話”タイヨウへと続く道”の輸血のシーンは、本当に心に来ました。モノローグも素敵で、少し幸せを感じます。

スパ さん | 神奈川県 | 不明

0
★
★
★
★
★
「アラバスタ編」で悔し涙に暮れたあのたし...

投稿日:2012/10/12 (金)

「アラバスタ編」で悔し涙に暮れたあのたしぎちゃんが、海軍GL第5支部「G-5」大佐として「正義」を背負い、ポニテ眼鏡に昇進! そしてもう一人は扉絵に登場した、ガレーラカンパニーの天才秘書10歳…今後の成長が楽しみだ。先代のカリファさんといいい、どうやらアイスバーグ市長とは話しが合いそう。

build2destroy さん | 不明 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kanon さん

    これだよこれ!この圧倒的なほどの強さ!肉体的にも精神的にも恐ろしいほど強い麦わらの一味。四皇に喧嘩売るとか、ジンベエ仲間にする?とか。こういう世界的にもやばいことを平気でやってのける奴ら。もう読んでる自分も一味に入ってるので、凄い誇らしい。そして敵までも。いや敵というか海軍というかwスモーカーさんとかたしぎさんとか懐かしいし、やっぱり位が上がってたか!と誇らしく思えるwそしてこのノリねw島を出港する前と航海中と上陸するときのw陽気で楽しい!ああ、ここまでノンストップで字をタイピングしてたw感想書き切れん!

  • mitei さん

    余談だけどこの巻がコミックの初動週間売上歴代1位らしい。どんどん最新巻まで追いつきたい。その記録にふさわしく魚人島編無事完結。次の話が続々と出てきて息をつかせない所がいいな。今後あるかも知れないワノ国編が楽しみだ。(倭という表現はあまり好きではないが)

  • エンブレムT さん

    今巻はアニメ版を先に見てから読んだので「ええっ?あのシーンは、原作だとヒトコマでサクッと描いちゃってるんだ?」ってな感じに、濃縮された情報量に圧倒されつつも楽しみました。うん。楽しみました!64巻65巻も引っ張り出して読み返してみたんだけど、ずっと低いままだったワクワクパラメーターが66巻でギューンってなりましたw古代兵器『ポセイドン』の正体が明かされたことによって、物語としてのログポースが示す方向も見えてきた感じ。そう、いよいよ「新世界へ〜!!!!」なんですねー!まさに「待ってました〜♪」って感じです。

  • くろり - しろくろりちよ さん

    巨大船・ノアを防ぎ魚人島を守りきったルフィ一団。ジンベエに「おれの仲間になれよ!!」ってところが好き。そしてロビンだけが気付いた古代兵器「ポセイドン」の在り処。ノアとしらほし姫が揃えばポセイドンは動き出すのか。他、「プルトン」「ウラヌス」などの兵器の名前も登場。ロビンはどこまで、何を知っているのか…。一難去ってまた一難!?新世界へ行く前に四皇ビック・マムに喧嘩を売っちゃったりして。船長自由です。新世界では突然龍に出くわしちゃったりとかね!冒険よ、まだまだ続け!

  • まりもん さん

    やっぱり宴会は楽しいなぁ。ジンベイが仲間になるのを楽しみにしていたけれどビッグ・マムへの挑戦状でどうなっていくのか心配。青キジの行方も気になる。久々のたしぎとスモーカー登場でルフィ達とどう絡んでくるのか楽しみ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

尾田栄一郎

1975年1月1日生まれ 熊本県熊本市出身。 短編漫画『WANTED!』でデビュー。第44回手塚賞準入選。 1997年より『ONE PIECE』を集英社『週刊少年ジャンプ』に連載中。同作はテレビアニメ化、アニメ映画化される大ヒットとなっている。

プロフィール詳細へ

尾田栄一郎に関連するトピックス

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド