為替のしくみがこれ1冊でしっかりわかる教科書 図解即戦力

尾河眞樹

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784297122478
ISBN 10 : 4297122472
フォーマット
出版社
発行年月
2021年08月
日本
追加情報
:
208p;22

内容詳細

1ドルの円の値段が毎日変わるのはなぜ?FXはレバレッジで儲かるって?円高と円安どっちがいいの?ニュースを理解して資産運用にも役立つ。

目次 : 第1章 為替って何ですか?(為替って円とドルの交換のこと?―為替は、現金を持ち運ぶことなくお金をやりとりすることです。/ 通貨の価値は何を基準にするの?―基軸通貨の米ドルが事実上の基準です。 ほか)/ 第2章 外国為替市場のしくみを知ろう!(外国為替市場ってどこにあるの?―実態はなく、その時刻に取引の中心となっている国や都市の名前がつけられています。/ 外国為替はいつ取引されている?―外国為替取引は世界中で24時間行われています。 ほか)/ 第3章 主に通貨の特徴を知ろう!(主要通貨・新興国通貨の値動きの特徴は?―近年は主要通貨が値動きが小さく、新興国通貨は値動きが大きい傾向です。/ 米ドルがやっぱり世界の中心?―米ドルは世界の基準通貨で、その値動きは世界に影響を与えます。 ほか)/ 第4章 為替を使った金融商品には何がある?(為替にはどんな金融商品があるの?―外貨預金やFX、外貨建ての債券や保険、外貨建て投資信託などがあります。/ 外国為替取引はどんなリスクがあるの?―為替変動リスクと流動性リスク、カントリーリスクが主なリスクです。 ほか)/ 第5章 為替が動く理由とは?(ファンダメンタルズって何?―国の経済状態を示す、さまざまな指標のことです。/ 金融政策と為替の関係って?―政策金利が上がると通貨の価値が上がります。名目金利よりも実質金利が重要です。 ほか)

【著者紹介】
尾河眞樹 : ソニーフィナンシャルホールディングス株式会社執行役員兼金融市場調査部長。米系銀行の為替ディーラーを経て、ソニー財務部にて為替リスクヘッジと市場調査に従事。その後シティバンク銀行(現SMBC信託銀行)で個人金融部門の投資調査企画部長として、金融市場の調査・分析を担当。2016年8月より現職。テレビ東京「Newsモーニングサテライト」、日経CNBCなどにレギュラー出演し、金融市場の解説を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ZV さん

    ビッグマック指数というのが面白かった。それによると、日本の円はかなり過小評価されているようなので、今後は円高が進むかかもしれない!  投資信託が公募形式なのに対し、ヘッジファンドは私募形式。

  • あすこ さん

    円高と円安がよくわからない、だけど今更人には聞けない。そんな私みたいな人は読んでみるとよいのかも。 外貨の力関係や歴史などがわかります。 後半は外国為替補償金取引(FX)のことも書かれてますが、興味がなければさらっと読むだけでいいと思います。

  • クロネ さん

    図解は少ないですが、為替についてのわかりやすい教科書です。経済や金融ニュースで耳にする単語の意味も理解できました。

  • mentanpin さん

    少しわかった

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

尾河眞樹

ソニーフィナンシャルホールディングス株式会社執行役員兼金融市場調査部長。米系銀行の為替ディーラーを経て、ソニー財務部にて為替リスクヘッジと市場調査に従事。その後シティバンク銀行(現SMBC信託銀行)で個人金融部門の投資調査企画部長として、金融市場の調査・分析を担当。2016年8月より現職。テレビ東京

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品