祐介

尾崎世界観

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784163904788
ISBN 10 : 4163904786
フォーマット
出版社
発行年月
2016年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
141p;20

内容詳細

「俺は、俺を殴ってやろうと思ったけれど、
どう殴っていいのかがわからない。」

スーパーでアルバイトをしながら、いつかのスポットライトを夢見る売れないバンドマン。
ライブをしても客は数名、メンバーの結束もバラバラ。恋をした相手はピンサロ嬢。
どうでもいいセックスや些細な暴力。逆走の果てにみつけた物は……。
人気ロックバンド・クリープハイプの尾崎世界観による、「祐介」が「世界観」になるまでを描いた渾身の初小説。
たったひとりのあなたを救う物語。

「音楽では足りない所を全部出せました。もしこの小説を書いていなければ、今頃音楽を辞めていたと思います。−−尾崎世界観」


【著者略歴】
一九八四年、東京生まれ。二〇〇一年結成のロックバンド「クリープハイプ」のヴォーカル、ギター。
多くの人から言われる「世界観が」という曖昧な評価に疑問を感じ、自ら尾崎世界観と名乗るようになる。一二年、アルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャーデビューし、日本武道館公演を行うなど、シーンを牽引する存在に。男女それぞれの視点で描かれる日常と恋愛、押韻などの言葉遊び、そして比喩表現を用いた文学的な歌詞は、高く評価され、独自の輝きを放っている。

【著者紹介】
尾崎世界観 : 1984年、東京生まれ。2001年結成のロックバンド「クリープハイプ」のヴォーカル、ギター。12年、アルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャーデビューし、日本武道館公演を行うなど、シーンを牽引する存在に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

4.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
☆
裕介から世界観になるまでの決してサクセス...

投稿日:2018/12/11 (火)

裕介から世界観になるまでの決してサクセスストーリーではなく、数あまたいる売れないバンドマンの リアルな日常。インディーズの頃からクリープハイプとして成功してもなお一貫して、皮肉や怒りや 斜め上から表現する歌詞が変わらない。ロックバンドとしてのあるべき姿。

太陽の塔 さん | 大阪府 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ハッシー さん

    夢を追いかけていた若者がいつの間にかその夢に雁字搦めにあって身動きが取れなくなる悲劇を描いた作品。 夢を見る怖さ、どんどん堕落し腐っていく人間の愚かさが書かれている。汚水と化した世界で、もがき、苦しむ主人公の葛藤が綴られている。

  • ゆうじ さん

    細部の描写、表現に驚かされる。33ページのツムジの表現。「あれは簡単には屈しないぞっていう意思のある格好良いツムジだった」この表現は小説家はしない。村上龍の初期作品のような。

  • 風眠 さん

    クリープハイプというバンドは知らない。表紙のポップさに惹かれ手に取った。尾崎世界観という名前にもそそられた。・・・が、しかし、分からない。この小説の良さが分からない。久々に分からないものに出会って、どう反応していいのか分からない。ライブハウスの仕組みとか、お金が無くて苦労するとか、売れなくて鬱屈していくとか、そういうのは分かる。だけど「んで?」という感じ。短いから読み切れたけれど、長かったら途中で読むのをやめてたと思う。一曲の中で完結する作詞とはまた違って、文章で表現する小説は、そう簡単には書けないよね。

  • 10歳のYouTuber・寺 さん

    ロックバンド『クリープパイプ』のボーカル・尾崎世界観の半自伝的処女小説。題名の『祐介』というのは尾崎の本名。芸能人小説ならではの複雑な気分になる。周囲のいちいちに嫌悪感を示している描写がくどい。性と暴力。他人の感受性や虚勢、匂いや汗、化学製品等への生理的拒否、チープなものや下流への嫌悪。自分一人クールなこの世界を、いちいち嫌う事で攻撃している様な感じ。文学的描写の羅列文学。途中で読むのをやめようかと思ったが、主人公が京都に行った所から面白くなった。お笑いにできる部分を只の笑いにしなかった潔癖に気づいた。

  • アマニョッキ さん

    読むのをとても楽しみにしていた一冊。クリープハイプの曲も素敵だと思うし、ネットで連載されてる尾崎さんの書評もすごく好きだ。本当に才能のある人だと思う。だけど楽しみにしていただけに、歌詞と散文は違うなということを少し感じてしまった。描きたいこと、叫びたいこと、それらは伝わってくるけれど、前半は散漫な印象。ラスト近くになってぐっと良くなる。体操服と寄席小屋とまだきちんと言葉にはならない「ふぁんふぁれ」のくだりはすごく好き。心に残るフレーズは確実にあった。次の小説出るのかな。また尾崎さんの作品読んでみたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

尾崎世界観

1984年、東京生まれ。4人組ロックバンド「クリープハイプ」のボーカル・ギター。多くの人から言われる「世界観が」という曖昧な評価に疑問を感じ、自ら尾崎世界観と名乗るようになる。2012年、アルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャーデビュー。14年、18年に日本武道館公演を行い、シーンを

プロフィール詳細へ

尾崎世界観に関連するトピックス

文芸 に関連する商品情報

おすすめの商品