なめこ文學全集 なめこでわかる名作文学 2 バーズコミックススペシャル

小鳩まり

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784344827738
ISBN 10 : 4344827732
フォーマット
発行年月
2013年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
96p;19

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • aqua_33 さん

    全く知らない話はなめこ漫画でもちょっと理解が難しく、純文学は奥が深いので再読必要かなと、んふー。原作読む気が…失せてきました、んふー(笑)でも「野菊の墓」は切なくて原作読んでみたい気になったかも、んふー。あと、「ドグラ・マグラ」の夢野久作さんの「少女地獄 何んでも無い」も気になった、んふー。《2019年8冊目》

  • kayak-gohan さん

    第1巻同様、なめこキャラクターによる文学への誘い。物語のプロットをきちんと抑えているので、原作に対する興味が広がる。南総里見八犬伝の後編が載る第3巻発売が楽しみ。v(^_^v)♪

  • しゅわ さん

    なめこキャラに夢中な娘のリクエストで購入した、なめこによる名作文学ダイジェスト版の第二弾です。まさか!?なめこで『蟹工船』を読むとは思っていませんでしたが、くら〜いお話もなんとなく癒されパワーでわかりやすくなるから不思議です。個人的にはなめこのキャラがぴったり合ってる『注文の多い…』となめこなのに泣ける『野菊の墓』がオススメです。収録作品は『注文の多い料理店』『山月記』『南総里見八犬伝 前編』『走れメロス』『野菊の墓』『五重塔』『少女地獄 何んでも無い』『蟹工船』 

  • みいこ さん

    なめこに導かれ、好きだった山月記を読んだ。李徴が何に苦しんでいたかが、やっとわかった。野菊の墓は、高校の時、友人にすすめられたが、民子の心情に同化できる繊細さは持ち合わしてなかったのか、つまらないと当時は思っていた。いい話だったのに。夢野久作の少女地獄はなかなか面白かった。独特の雰囲気を次は、原書でたのしみたい。 なめこの漫画と言い切るには勿体ない、楽しいこころみである。第3巻に期待する。

  • april-cat さん

    んふ(書店で立ち読み)んふんふー(なにこれー(><)というテンションで手にとりました)んふんふ(ところが、絵ヅラはたしかになめこでありますが、文は原作を生かしてあり、結構本格的)んふんふ(作品の選定も興味深い)んふ(少女地獄とか)んふんふー(馬鹿にしないで一度手にとってみても面白いですよー)ふざけて、ごめんなさいm(_"_)m

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

コミック に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド